家計簿・運用成績

【米国高配当3ETF】HDV/VYM/SPYDの配当金が確定!実績と保有株数も公開!

本記事では、米国高配当3ETFのHDV/VYM/SPYDの配当金が確定したので、比較・解説をしていきます。

本記事の対象者
  • 米国高配当ETFに投資をしている方
  • 米国高配当ETFの配当金推移が気になる方
  • 他の方の保有状況が気になる方
解決できる課題
  • 米国高配当ETFのHDV/VYM/SPYDの配当金実績がわかります
  • HDV/VYM/SPYDの今の状況がわかります
  • 30代サラリーマン投資家の投資状況が確認できます

12月の配当金は3ETF全て増額!年間トータルではSYPDのみマイナスに・・・

2019年の12月分との配当金比較は下記の通りとなります。

  • HDV:2019年0.778998→2020年0.923235 結果:18.52%増配
  • SPYD:2019年0.49717→2020年0.606617 結果:22.01%増配
  • VYM:2019年0.7791→2020年0.8096   結果:3.91%増配

コロナショックで苦しい中、12月の配当金は3ETF全て、前年対比でプラスという結果になりました。

12月と言うことで、コロナの影響がある程度見えてきた状況での増配はうれしい限りです。

こういった〇〇ショックと呼ばれる経済危機の中、株価自体は軟調になるときもあります。

しかし、配当金自体は確定の利益となるため、長期保有し続け、配当金を継続的に受け取れる環境は、心理的にも非常に安心感があります。

続いては、1月~12月の年間の配当金実績です。

SPYDの、マイナス6.54%という結果となってしまいました。

セクター的にも景気敏感株が多いこともあり、減配はやむを得ないという感じですね。

一方で、HDV/VYMに関しては、コロナショックの中でも、年間を通して増配という結果に。

景気動向が不安な中でも、安定して配当金を運んできてくれる素晴らしい銘柄ですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

過去の推移を解説

続いて、各銘柄の過去からの推移を解説していきます。

HDV

過去5年間の推移は上記の通りです。

グラフで見てもキレイな右肩上がりで増配していることがわかりますね。

非常に信頼感・安定感のある銘柄です。

コロナショックで景気動向が不安な中でも、しっかりと2桁増配しているのは非常にポイントが高いです。

SPYD

コロナショックの今年だけでなく、2017年にも減配していることがわかりますね。

高配当銘柄は、安定的に配当金を運んできてくれることがメリットなので、減配があるとどうしてもマイナスポイントです。

SPYDはETFの設定自体の歴史が浅いため、まだまだ不安定な印象です。

ただし、今年の9月に40%以上の減配になったにもかかわらず、年間通して考えると1桁の減配と言うことなので、まずは一安心かなと。

SPYD自体は、配当利回りも高いため、まずは今後も買い進めたいと考えています。

VYM

VYMも過去5年間の推移を見ると、順調に毎年増配していることがわかります。

今年に限っては、HDVよりも増配率は低かったですが、2016年~2019年までの実績ではHDVよりも増配率は高いです。

こうやって安定的に増配してくれる銘柄は非常に心強いですね。

私の保有状況

3ETFの私の保有状況は下記の通りとなります。

買い付け時期が、コロナショックの底を脱した、4月末頃から定期的に買い付けていたため、全ての銘柄がプラスとなっています。

特に、戻りが遅いと言われていたSPYDに関しても、底をうろうろしていたときに買えたため、大きなプラスとなっています。

配当金だけでなく、含み益も出ている状況は非常に心理的にも安心感があります。

簿価利回りで見るとこんな感じです。

株価自体も重要ですが、高配当銘柄については増配が何よりも重要だと考えています。

増配すれば自然と株価も上昇していくと思われますし、何よりも毎年支払われる配当金が幸せを運んでくれます。

配当金額が年々増えることによって、少しずつではありますが自由で豊かな生活に近づいていける実感があります。

購入している方も多いと思いますので、今後もこの3銘柄については、定期的に情報共有していきたいと考えています。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA