家計簿・運用成績

【資産公開】初めて資産が減少!連続最高資産更新記録は8週でストップ!【2021年3月1週目振り返り】

今週は総資産が初めて減少に転じてしました。

過去最高資産を8週連続して更新していましたが、その記録もストップです。

それでは毎週恒例の週別資産振り返りを行っていきます。

私の情報
  • 30代前半の独身サラリーマン
  • FIREを目指し本ブログで過程を発信中
  • 過去に様々なお金の失敗経験あり
  • 現在は王道な投資を勉強中
  • 高配当投資とインデックス投資がメイン
  • 日本の個別株を分析しながら購入中

今週は2021年に入って初めて資産が下落する週となりました。

今までが好調すぎただけなのですが、減少するのは嬉しくはありませんね・・・。

なぜ減少したのか?などを本記事で深堀りしていきます。

今週の資産トピック
  • 総資産は先週比で初めて減少
  • カードの支払・定期積立により現預金が大きく減少
  • 日経は下落も保有株は堅調
  • 米国ETFは高配当ETFが大幅躍進
  • 仮想通貨は乱高下が収まる

各資産ごとに1週間の振り返りをしていきます。

2021年3月1週目資産状況

2021年3月1週目の総資産は

1,827万円

でした!

残念ながら、2021年初めて先週比で資産が減少する週となりました・・・

2021年度始まってずっと続いていた最高資産額更新記録は8週でストップしてしまいました・・・。

資産が上昇をし続けるということはあり得ないので、

  • 短期間の資産の上下は気にしない
  • 月単位・年単位で長期的に見て資産が増えていればオッケー

というモチベーションでいるため、気にしていません。

ただし、「なぜ資産が減少したのか?」を分析することは重要です。

  • どのアセットクラスが減少したのか?
  • その資産はなぜ減少したのか?
  • 1月、2月はなぜ減少しなかったのか?

をしっかりと振り返って、考察していきたいと思います。

それよりも、どの資産クラスが変動したのか?

先週との比較

先週比で11万円/-0.64%の減少という結果でした。

資産別に見てみると

  • 現預金が40万円近い減少
  • リスク資産はしっかりと上昇している

ということがわかります。

現預金の減少要因

なぜ現預金が大きく減少したのかというと・・・

現預金の減少要因
  • クレジットカードの支払(17万円)
  • 家賃の引き落とし(7万円)
  • 投資信託の定期積立(5万円)
  • つみたてNISAの積立(3万円)
  • QQQ/SPYDの定期積立(8万円)

合計で約40万円分が現預金のマイナス要因となっています。

現金→投資にしっかりとお金を回すことが出来ているため、特別異常な下落というわけではありませんね。

1月、2月が資産下落しなかった理由

もう少し深堀りをして、週単位で1月、2月は資産が減少しなかった理由を考察してみます。

1月、2月はで資産が減少しなかった理由としては

  • 家賃引き落としが2月は日付の関係でずれたため
  • クレジットカードの支払いと投資積立分の引き落としの週がずれていた
  • リスク資産が大きく上昇して、マイナス分が相殺されていた

ためです。

  • 今週は「カード引き落とし」「家賃引き落とし」「積立投資」が全て重なったため、資産がマイナス
  • ただし、減った現金の多くは投資に回すことが出来ている
  • 支払いが重なったための資産減少で、特別異常な下落ではない

今週は資産がマイナスとなりましたが、

  • たまたま支払いが重なった
  • 投資自体は堅調に推移

ということがわかり、安心しました!

アセットアロケーション

資産構成比としては以下の構成です。

今週は現預金が大きく下落した一方、リスク資産へ資金を振り分けているため、現預金比率が減少しています。

あくまでも、現預金は「比率」ではなく「金額」を目安にしています。

生活防衛費(月の支出の6ヶ月分)である、200万円を残す以外は、全て投資に回す方針に変わりはありません。

日本株の状況

今週は新規銘柄の購入はありません。

しかし、保有銘柄がしっかりと上昇してくれたおかげで、日本株の資産総額自体は約2%も上昇しています。

日経平均の推移

(出典:株探)
(出典:株探)

日経平均は2週連続で下落しているものの、あまり大きな調整はきていません。

3月5日の金曜日も大きく下落したものの、後場に大きく値を戻し、回復しました。

結果的には週足で見ても、下ヒゲをつけたチャートとなっており、あまり下げそうな感じはしません・・・。

日本株のポートフォリオ

日本株のポートフォリオは以下のとおりです。

SBI証券とSBIネオモバイル証券で、重複した銘柄もありますが、重複を除くと35銘柄に投資しています。

まだまだ少ないと感じているため、

  • 最低でも50銘柄
  • 理想は80銘柄

になるまでは分散を続けたいと思っています。

米国株の状況

米国ETFも資産は堅調に伸びてくれています。

  • 定期積立分(QQQ/SPYD):7万円
  • 米国ETFの資産増加:10万円
  • SPYD/VYM/HDVの高配当ETFが大きく上昇
  • QQQ/VIGは低迷
  • 合計すると3万円分は含み益が上昇している

現在のポートフォリオは「非常に心地よく、精神的に付き合いやすい」と思っています。

  • 高配当ETF(SPYD/HDV/VYM)で、しっかりと配当をもらうことができる
  • ハイテクETF(QQQ)で世の中のテーマにもある程度乗れる
  • 連続増配ETF(VIG)は、安定成長企業が多く信頼性がある
  • セクターもそれぞれ分かれており、トータルでプラスとなる

現在はQQQなどのハイテク企業は軒並み下落しています。

こんなときにハイテク企業のみを保有していたら悲惨ですよね・・・

リスク分散の重要性を改めて感じさせられます。

米国株のポートフォリオ

最近は一気に円安/ドル高が進行していることもあり、円換算の評価額も大きくなっています。

投資信託・つみたてNISAの状況

投資信託・つみたてNISAは

  • 定期積立にて資金投入されたため、資産額は増加
  • ただしS&P 500の下落により含み益は減少

という状況です。

ただし、どんな暴落が来ようとコツコツ積立の姿勢は保持し続けます。

やはりインデックス投資への定期積立は、

  • 購入タイミングを考えなくて良い
  • 長期的には右肩上がり
  • 暴落が来ても安心

と、非常に精神的に付き合いやすいです。

投資信託のポートフォリオ

つみたてNISAのポートフォリオ

仮想通貨の状況

今週の仮想通貨はあまり変動がありませんでした。

大きな変動がない分、特に書くこともなく・・・。

インデックス投資・高配当投資が価格変動が少ない分、

  • 仮想通貨はギャンブル的な投資と割り切っている
  • 追加投資はしない
  • そのため価格変動が大きくなってくれたほうが面白い

と感じてしまっている自分がいます。。。

投資に刺激を求めていてはいけないので、価格変動が少ないことを喜べるようにしたいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ:資産の下落も原因がわかれば安心できる

ここまで2021年3月1周目の資産状況を振り返ってきました。

  • 総資産は1,827万円
  • 先週比で11万円マイナス
  • 最高資産額更新記録は8週間でストップ
  • 2021年に入って初めての資産下落
  • 現預金が大きく減少
  • ただしこれは支払いが重なった+投資分の定期積立
  • リスク資産は堅調に推移している
  • 日経平均やS&P 500 は若干調整しているが、保有資産は上昇している
  • リスク分散が効いており、安心して投資と向き合えている

今週は2021年に入って初めて先週比で資産がマイナスの週となりました。

しかし、原因はしっかりと把握できており、特別問題もないためショックはありません。

むしろ毎週資産を振り返ることで

  • お金の動きをしっかりと把握できる
  • 資産の内訳を見ることで、資産別の状況がわかる
  • 原因がわかれば精神的にも安心できる

ブログで資産公開をしているおかげで、自分のお金の動きの詳細がわかるようになってきました。

今後も資産状況を毎週発信していきますので、もしよかったら参考にしてみてください。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA