投資情報

【速報】SPYDの2021年3月分配金60.57%の大幅増配!運用実績も公開!

  • SPYDを保有している方
  • 米国高配当ETF投資に興味のある方
  • SPYDホルダーの運用実績が気になる方

こんな方に向けた記事です。

米国高配当ETFの2021年3月分の分配金が公表される時期となりました。

本記事では「SPYDの2021年3月分配金」と「運用実績」について取り上げていきます。

コロナショック後、長らく低迷していたSPYDは、

  • 2020年は分配金も減配
  • 株価も長期間回復せずに低迷
  • ホルダーからも見放される

と苦汁をなめてきました。

しかし、2021年に入り株価が大きく上昇してきており、分配金も「大幅増配」という結果でした。

それでは詳しい内容を見ていきましょう。

SPYDの2021年3月分配金速報と分配金の推移

まずは2021年3月19日に公開された、3月の分配金を見ていきましょう。

2021年3月の分配金は大幅増配!

3月の分配金
2016年0.277192
2017年0.31759
2018年0.348771
2019年0.339422
2020年0.396187
2021年0.636159
2020年対比+60.57%

2021年3月の分配金は

  • 0.636159ドル
  • 2020年3月対比で+60.57%の増配

と「大幅増配」を記録してくれました!

2020年はコロナ影響が大きく通年でも減配という結果でしたが、2021年は幸先の良いスタートとなりました。

SPYDの月別分配金推移

SPYDの月別の推移を見ていきましょう。

グラフで見ると2021年3月の増配が際立って大きいことが一目瞭然です。

2020年も6月、9月は対前年比でマイナスでしたが、12月は大きく増配しており、2020年末から業績も回復してきていることがわかります。

SPYDの年別分配金推移

続いて、年別の分配金推移を見てみましょう。

年別で見ると、SPYDの分配金は9月、12月の比率が大きいことがわかります。

2020年のみ6月、9月が大きく減配しましたが、

  • 12月>9月>6月>3月と3月が一番分配金が少ない傾向
  • 2021年は3月が大幅増配
  • 今までの傾向からすると、6月、9月、12月も大幅な増配が期待できる

ということになります。

コロナ影響の見通しが明るくなり、業績が回復・上昇基調の企業も増えてきており、2021年3月は大幅増配という結果となりました。

例年の傾向からすると、3月が一番分配金が少ない月となるため、6月〜12月の分配は3月以上の数値が大いに期待できると言えます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

SPYDの基本情報・セクター別シェア・株価

続いて、SPYDの基本情報の振り返りとセクター別のシェアを見ていきましょう。

SPYDの基本情報

 

運営会社ステート・ストリート
運用開始日2015年10月
経費率0.07%
純資産額3,402億円(3121.47百万ドル)
ベンチマークS&P 500高配当指数(高配当上位80銘柄)
銘柄数80
組入比率銘柄均等割 (1銘柄約1.25%)

 

SPYDの特徴
  • S&P 500から選出
  • 高配当上位80銘柄
  • 銘柄均等割で1銘柄約1.25%

SPYDのセクター別のシェア

(出典:SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF)
業種組入比率
金融23.45%
不動産19.19%
エネルギー13.89%
公益事業12.61%
情報技術7.64%
コミュニケーション・サービス6.30%
生活必需品5.10%
素材4.83%
一般消費財・サービス3.81%
ヘルスケア3.17%

SPYDの上位3セクターは

  • 金融:23.45%
  • 不動産:19.19%
  • エネルギー:13.89%

であり、上位3セクターで約60%を占めています。

特に「金融」「不動産」が多くを占めているため「景気敏感業種」を多く含んだETFとなっています。

そのため、コロナショック時は株価が半値近くまで下落していました。

SPYDの株価

こちらはSPYDの運用開始以来のチャートとなります。

2020年のコロナショック時に大暴落をしたことがわかります。

そして、1年近く株価が低迷を続けていました。

しかし2021年に入ってからは株価が大きく上昇し、コロナショック前の水準まで戻ってきたことがわかります。

ただし、いくらS&P500の銘柄から選出しているとは言え、高配当・成熟企業が大半のを占めるため

  • 2015年→30円
  • 2021年→40円

と5年で30%程度の株価上昇にとどまっています。

私の運用実績と今後の運用方針

最後に私のSPYDの運用実績と今後の運用方針について取り上げていきます。

私の運用実績

保有数量353.00
取得単価(ドル)27.97
取得単価(円)2,989.00
評価損益(ドル)4,108.92
評価損益(円)470,902.00
損益(ドル)(%)41.62%
損益(円)(%)44.63%

投資額 = 保有数量353×取得単価2,989 = 1,055,117

評価額 = 保有数量353×現在株価4,323 = 1,526,019

評価損益 = +470,902円

評価損益(%) = 44.63%

という運用実績です。

コロナショック後の底値付近で大きく購入ができ、その後の株価低迷期も積立購入をしてきたおかげで、大きく評価額を伸ばすことが出来ています。

今後の運用方針

私は現在、SPYDの定期積立を実施しています。

本来、SPYDは「アクティブ投資」に分類されるため、定期積立はあまりおすすめできる購入方法ではありません。

しかし、初心者にとっては底値で一括購入というのも難しいため、私は「VIX指数」を基準に定期購入をしてきました。

ただし、最近の株高の影響もあり「VIX指数は20未満の水準」となってきました。

そのため、私はそろそろ定期積立の購入をやめ、次に大きく下落したタイミングで資金投入しようと考えています。

まとめ:株価上昇+大幅増配で信頼回復!SPYDは長期保有に値する!

ここまでSPYDの2021年3月分配金速報と、基本情報、私の運用実績をまとめてきました。

  • 2021年3月の分配金は対前年比で+60.57%の大幅増配
  • SPYDは3月が一番分配金が少なく、月を経るごとに分配金が多くなる傾向
  • そのため、6〜12月の分配金の大幅増配の期待も高まる
  • SPYDは「金融」「不動産」セクターが大半を占め、「景気敏感」なETFと言える
  • そのため、今回のコロナショックは株価が半値近くまで大暴落し、1年間株価が低迷していた
  • しかし、2021年になり資金が戻り始めた結果、株価もコロナショック前の水準まで回復
  • 分配金・株価が絶好調で、SPYDホルダーにとっては、嬉しい日々が続いている
  • 私の運用実績も「+45%」と大きな評価益を作ることが出来ている
  • これにプラスして分配金が含まれるためトータルリターンは「+50%」を超える水準となる
  • 今までは定期積立を行っていたがVIX指数も下落してきたため、定期積立は辞める予定

分配金の大幅増配+株価の大幅上昇が重なり、SPYDホルダーにとってはとても「信じてよかった!」と感じている人も多いと思います。

SPYDは運用歴も5年程度と歴史が浅く、まだ暴落に対する値動き・分配金の推移がわかりづらい状況でもあります。

しかし、今回のコロナショックを受けて

  • 景気敏感セクターに偏りがあるため、株価下落は致し方ない
  • 併せて、業績の下落から分配金の減配も経験
  • しかし、セクターローテーションで資金が回ってこれば、結局は株価上昇・大幅増配を実現

と、「結局は優良ETFだから資金が戻ってくる」ということがわかりました。

これらかも私はSPYDを信じ、長期保有を継続する予定です。

高配当投資・配当金のおすすめ記事はこちら!

【米国高配当ETF】

【日本高配当投資】

【投資戦略】

【自作ツール】

【受取配当金】

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA