投資情報

【お金の失敗】今までの損失を資産運用したら〇千万円の利益?資産運用のシミュレーションをしてみた【損失総額750万円】

今まで失ったお金を、もし投資に回せていたら人生どれくらい変わったんだろう?

失ったお金を取り戻すことは出来ないけど、しっかり反省して未来に向けて行動するのは大切よね!

私
  • 32歳の独身サラリーマンですが、今まで数々のお金の失敗をしてきました。
  • 失ったお金の総額は750万円以上。。。
  • 現在は高配当・インデックス投資に切り替え堅実な投資を実践中

私のお金の失敗談は過去の記事を参照してください。

本記事を読むメリット
  • 失ったお金を資産運用していたらどれくらい人生が変わったのかを知ることが出来ます。
  • 投機やギャンブルで失敗している人はこの記事を見て考え方を改められるかも知れません
  • 資産運用に悩んでいる人にとっては、堅実な資産運用がどれほどの価値を生むのかを知ることが出来ます。

今まで失ったお金を堅実に資産運用した場合の検証

私は今でこそ32歳で1,500万円以上の資産を築くことが出来ています。

しかし過去には様々なお金の失敗をしてきました。

お金の失敗で失ったお金の総額は750万円以上になります。

堅実な資産運用を学んだ今だからこそ

  • もし最初から正しい資産運用が出来ていたら人生が変わったのでは?
  • 資産額がどれほど増えていたんだろう?
  • 失ったお金を取り戻すことは無理でも、これからの教訓にしたい

と考えています。

そこで今回は私が失ったお金を例に、シミュレーションをしてみたいと思います。

前提

シミュレーションは下記の前提を元に考えていきます。

  • 損失の総額は750万円で設定
  • 資産運用の期間は私が社会人となった2011年~2020年の10年間
  • 現在の資産額は1500万円とする。(※現在の総資産額から含み益を除いた分)
  • 現在の総資産は全て貯金で築いたと仮定(※実際に投資による利益はなく、特別な収入も無いため。)
  • 手数料・税金は考慮しない
  • 複利で計算
  • 途中での売却はなし

また、損失額は一気に投資できたわけでは無いため、年ごとに以下の金額を投資できたと仮定します。

損失額だけでなく、現在の総資産も貯蓄による蓄財となります。

こちらの前提を元に様々なパターンでシミュレーションしてみます。

全て貯金した場合

私がメイン銀行としているUFJ銀行の普通預金の金利は

年0.001%です。

こちらをもとに計算をすると・・・

10年間の利子の総額は1,133円という結果に。。。

もちろん、お金を失うよりは数百倍良いですし、デフレ環境下ならお金が目減りしないというメリットもあります。

しかし、あまりにも少ない。。。

日本株(日経平均)に投資した場合

続いて、日本株に投資した場合です。ここでは日経平均株価を元に計算していきます。

日経平均株価の10年間のチャートは下記の通りです。

https://finance.stockweather.co.jp/contents/marketdetail.aspx?contents=1&cntcode=JP&skubun=0&stkcode=54&exctype=02

2011年1月の初値が10,352円

2020年12月の終値が27,444円

10年間で2.65倍へと急成長しています。

年間の利回りで計算すると、年利10%となります。

この数字を元に計算してみると下記の通り、

損失額の750万円を定期的に積み立て運用した場合、

総資産は1,314万円/資産運用による利益は564万円

素晴らしい成績ですよね。

オワコンと言われているような日本株でも、アベノミクスの好景気の波に乗れたら、ここまで資産運用ができたんですね。。。

そして、次に損失額+貯蓄額を資産運用に回したパターンを見てみると

総資産は3,771万円/資産運用による利益は1,521万円

なんと損失+貯蓄額を示唆運用に回していたら、資産が倍以上になっていた計算でした。。。

改めて資産運用の偉大さが実感できる結果ですね。

米国株(S&P500)に投資した場合

続いて米国株に投資した場合です。S&P500の指標を基に計算していきます。

S&P500の10年間のチャートは下記の通り

2011年1月の初値が1,277

2020年12月の終値が3,748

10年間で2.94倍へと急成長しています。

年間の利回りで計算すると、年利11.5%となります。

この数字を元に計算してみると下記の通り、

損失額を資産運用に回したパターン:総資産は1,432万円/資産運用による利益は682万円

損失額+貯蓄を資産運用に回したパターン:総資産は4,083万円/資産運用による利益は1,833万円

という結果になりました。

もしも、損失額+貯蓄額をS&P500で運用していたら、現在の資産から2500万円以上上乗せできていたのですね。。。

4,000万円を超える資産が築けていたら、FIREまであと少し!むしろサイドFIREは十分狙える!

という金額ですね。。。

日経平均とS&P500の場合を比較してみる

最後に日経平均で運用した場合とS&P500で運用した場合を比較してみます。

利回りが1.5%違うだけで、数百万円も差がつきました。

  • 資産が大きいほど複利の効果が大きい
  • 長期投資すればするほど複利の効果が大きくなる

ということがはっきりとわかる結果ですね。

それにしても、アベノミクスで日本の株式市場が絶好調だったにもかかわらず、それをさらに上回るパフォーマンスをたたき出すアメリカはやはりすごい。。。

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ:資産運用の効果は絶大!

ここまで私がお金の失敗で失ったお金を投資した場合のシミュレーションを記事にしてきました。

  • 普通預金に入れた場合、利回りは0.001%で10年間預けても利子は1000円程度
  • 日経平均株価は10年間で利回り10%
  • S&P500は10年間で利回り11.5%
  • もしに回していたら、現在よりも2500万円以上資産が増やせていた。

といった結果となりました。

もちろんこれは「タラれば」の話です。

しかし、過去に実際に起こせていたかもしれない事象です。

この結果を起こすためには、

  • 10年間ホールドできるだけの握力
  • インデックス投資の勉強と信頼
  • 投資に回せるだけのリスク許容度
  • 集中投資するだけの覚悟

など、様々な要素が必要ですし、もちろん運も必要です。

それに、投資の平均リターンは4~7%と言われていますので、この10年間はあまりにも成績が良すぎる10年でした。

しかし、それでも私は投資でも大損をしていたのです。

失ったお金は取り返すことはできませんが、この経験から学べることはたくさんあります。

今回自身の損失の整理と資産運用の偉大さを再確認しました。

今後はギャンブルや投機などせず、堅実な資産運用に取り組んでいきます。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA