家計簿・運用成績

ついに2,000万円に到達!資産推移と投資方針の変遷を語る!30代サラリーマンのFIREまでの軌跡!【投資の失敗】【人生の転換点】

  • 他の人の資産推移が気になる方
  • 30代前半のサラリーマンの資産が気になる方
  • 1,000万円→2,000万円までの到達期間が気になる方

こんな方に向けた記事です。

私のプロフィール
  • 30代独身サラリーマン
  • エンジニア→社内SEへ転職経験あり
  • 投資歴は10年近く
  • ただし最初は「ギャンブル投資」で数百万円お金を溶かす
  • 現在は「高配当投資」「インデックス投資」をメインに堅実な投資を実践中
  • 「FIRE計算表」「銘柄分析ツール」などの自作ツールをブログにて無料公開中

ついに総資産が2,000万円に到達しました!

高収入・投資で成功しているような方にとっては、総資産2,000万円はまだまだ少ないと言う方もいるかも知れません。

2,000万円なんてまだまだだね!

しかし30代前半で総資産2,000万円に到達は世間一般的な水準よりは多いほうかと思います。

そこで今回は「私の総資産2,000万円までの道程」を振り返り、

  • 総資産の推移
  • 年齢別のお金への価値観・考え方
  • 投資方針の変遷

を語っていきます。

総資産2,000万円までの資産推移

こちらが社会人1年目からの総資産の推移のグラフです。

2011年4月に社会人生活を始め、2021年4月13日に総資産2,000万円に到達することが出来ました!

社会人生活を初めて丸10年での総資産2,000万円到達となります。

大きな資産の通過点をまとめていくと

  • 100万円→社会人1年目
  • 300万円→社会人3年目
  • 500万円→社会人7年目
  • 1,000万円→社会人9年目
  • 1,500万円→社会人10年目
  • 2,000万円→社会人11年目

と言った資産推移の変遷です。

1,000万円→2,000万円までのかかった期間を比べてみると

  • 1,000万円→8年4ヶ月
  • 2,000万円→1年9ヶ月

圧倒的に資産増加のスピードが上がっていることがわかります。

また、総資産2,000万円に到達するまでにも様々な出来事がありました。

  • 残業100時間超のブラック労働
  • FXや投機に手を出し、数百万円の損失
  • パチンコに大金を投入
  • 仮想通貨で大金を手にする
  • 年収を下げる転職
  • 「高配当投資」「インデックス投資」の堅実な投資へシフト

このあたりの資産推移とその時の投資方針などを振り返っていきましょう。

社会人1年目〜3年目までの資産推移と出来事

各年次の最終月(3月)時点の総資産は次のとおりです。

※社会人1年目〜3年目までは家計簿をつけていなかったため概算

年次総資産
新卒入社時点100万円
1年目終了150万円
2年目終了235万円
3年目終了335万円

社会人1年目の入社時点で総資産は100万円あった記憶があります。

こちらは大学時代にアルバイトで猛烈に稼いだためであり、大学4年間で100万円の資産を貯めることが出来ました。

社会人になってからの貯金額は

  • 1年目:50万円
  • 2年目:85万円
  • 3年目:100万円

と推移し、3年目終了時点で300万円を超える資産を築くことが出来ました。

しかし当時の私の状況は

  • 100時間超の残業が当たり前
  • 休日出勤・深夜残業当たり前
  • 労働時間が長すぎてお金を使う暇がない
  • ストレス発散にパチンコ三昧

とかなり疲弊した3年間でした。

幸いにも残業代は全て支払われる会社だったため、残業代を含めるとボーナスよりも月給が多くなることもありました。

ストレス発散のために「パチンコ三昧」ではありましたが、残業代もあってか、資産は順調に築くことが出来ました。

そして社会人3年目の途中で「株式投資」に出会いました。

この「株式投資」との出会いが、この後の人生の資産形成に大きく影響を与えました。

株式投資に出会った当時の私の投資方針は

  • 貯金なんてもったいない
  • 資産の大半は証券口座へ入金
  • 一刻も早く大金を稼ぎたい
  • 自分だったら資産を何十倍にも出来るはず
  • 人気の株へ一括投入

典型的な「ギャンブル投資」でした・・・。

ただし、「ビギナーズラック」もあってか、最初の頃は幸運にも僅かながら利益を出すことが出来ていました。

社会人4年目〜6年目までの資産推移と出来事

続いて社会人4年目〜6年目の資産推移です。

年次総資産
4年目終了450万円
5年目終了430万円
6年目終了400万円

なんとこの3年間は資産は全く増えていません。

社会人1〜3年目までは順調に資産を形成出来ていたのに何があったのでしょうか?

その原因は「ギャンブル投資」にあります。

  • ボラティリティの高い個別株へ集中投資
  • 空売りなども覚える
  • 社会人5年目の終わりからFXにも手を出す

「ギャンブル投資家」の典型的な例ですね・・・。

この時期の株式投資・FXの損益は以下のとおりです。

年次株式投資FX合計
4年目-85万円-85万円
5年目+30万円+30万円
6年目-100万円-200万円-300万円
-155万円-200万円-355万円

この3年間で「-355万円」ものお金を溶かしてきました・・・。

改めて計算しても泣きたくなる金額ですよね・・・。

当時の私の心境は・・・

  • 残業代がたくさんはいるし、いくら投資しても大丈夫
  • ブラック労働過ぎて一刻も早くこの会社から抜け出したい
  • そのためには投資で一攫千金を狙うしかない!
  • 1年で資産を10倍、100倍にしている人もいるし、自分もきっとなれるはず!
  • ボラティリティが少ないと刺激が足りない・・・。

完全に「ギャンブル投資中毒」でしたね。。。

資産形成という観点においては「暗黒の3年間」でした。

社会人7年目〜9年目までの資産推移と出来事

年次総資産
7年目終了730万円
8年目終了780万円
9年目終了1,150万円

この3年間は前の三年間と比較すると非常に順調な期間に見えます。

  • 7年目:400万円→730万円(+330万円)
  • 8年目:730万円→780万円(+50万円)
  • 9年目:780万円→1,150万円(+370万円)

社会人9年目の段階で総資産1,000万円を突破しました!

期間にして8年4ヶ月での達成でした。

ついに1,000万円に到達したぞ!

凄い達成感がある!

と非常に嬉しかったことを覚えています。

しかしこの期間も「ギャンブル投資」からは抜け出せていません。

年次株式投資FX合計
7年目-20万円-20万円-40万円
8年目-120万円-120万円
9年目+10万円+2万円+12万円
-10万円-138万円-148万円

7〜9年目も「-150万円」も投資で失敗をしています。

前の3年間と比較すればマシですが、本当に「ギャンブル投資」が辞められませんでした。

では、なぜ資産が増大したのでしょうか?

その理由は以下の2点です。

  • 仮想通貨バブルに乗り大金獲得
  • 昇給・昇格による給料アップ

仮想通貨への投資

「ギャンブル投資」が好きだった私にとって、「仮想通貨」にもしっかり手を出していました。

世間で「仮想通貨」が騒がれだしたタイミングで、ビットコインやリップル、イーサリアムなど多くの仮想通貨に投資をしました。

Coincheckのハッキング事件前に、たまたま利益確定が出来たこともあり、トータルで150万円ほどの利益を得ることが出来ました。

この「仮想通貨の利益」と「株式投資・FXの損失」でようやく、プラスマイナスゼロという状況です。

昇格・昇給による給料アップ

新卒で入社した会社は、入社して5年目までは残業時間100時間超が当たり前のブラック企業でした。

しかし、会社の働き方改革の取り組みもあり

  • 残業時間は大幅に減少(月45時間まで)
  • 賃金アップ(営業利益率がとんでもなく高い会社だったので)
  • 管理職への昇格

この影響で給料も順調に上がっていました。

  • 社会人7年目:年収630万円
  • 社会人8年目:年収650万円
  • 社会人9年目:年収725万円

当時は節約はほとんど意識していませんでしたが、収入がある程度入ってきたおかげで、年間150〜200万円の蓄財をすることが出来ました。

社会人10年目〜現在までの資産推移と出来事

年次総資産
10年目終了1,940万円
11年目4月2,013万円

この1年間は総資産が加速度的に増えた1年間でした。

1,000万円→2,000万円到達までのスピードを比べてみると

  • 1,000万円→8年4ヶ月
  • 2,000万円→1年9ヶ月

と大幅に短縮されていることがわかります。

この要因は「投資方針の大転換」があったからです。

  • 個別株への集中投資を辞める
  • FXを辞める
  • 高配当投資
  • インデックス投資
  • 投資信託
  • 確定拠出年金

と言った王道の資産運用を学ぶ

この大きな資産運用の転換には、いくつかのきっかけがあります。

  • 転職により年収が下がったことで、自身の資産運用方針を見直す
  • コロナショックにより市場が総悲観に
  • 在宅勤務が始まり「リベラルアーツ大学」の虜になる

今では登録者数100万人を突破した「リベラルアーツ大学」の虜になってしました。

とにかく学びが多く、今までの価値観を大きく叩き壊された感覚でした。

  • 王道の資産運用を学ぶべき
  • 投資のリターンの相場は3〜7%
  • ぼったくり商品が数多くある

このチャンネルに出会えたからこそ、今までの自分の愚かさにようやく気づき、投資方針を大転換しました。

結果的にはこの1年間で

  • 総資産700万円以上増加
  • 配当金は月2万円・年間24万円以上
  • ブログで副業収入を稼ぐ

自分の人生の転換点とも言える1年となりました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ:堅実な投資で資産増大ペースが急拡大!

ここまで「総資産2,000万円に至る資産推移と投資方針の変遷」をまとめてきました。

社会人1〜3年目
  • 残業時間100時間超の長時間労働
  • ストレスでパチンコ三昧
  • ただし資産は順調に推移
  • 3年目終了時点で総資産300万円を超える
  • 社会人3年目の終わりに「株式投資」と出会う
社会人4〜6年目
  • 暗黒の3年間
  • 総資産は全く増えない3年間となった
  • 原因は「ギャンブル投資」
  • 個別株への集中投資とFXでトータル350万円以上の損失
社会人7〜9年目
  • ギャンブル投資は続けていた
  • 株式投資とFXで3年間で150万円の損失
  • ただし仮想通貨バブルに乗っかり150万円の利益
  • トータルでプラスマイナス0円の資産運用成績
  • ただし、昇給・昇格により年収が増加
  • 結果的には順調に資産形成が進む
  • 社会人8年目の時に総資産1,000万円に到達

社会人10年目〜現在
  • 投資方針や価値観が大きく変わった期間
  • 転職・コロナ禍により人生の転換点となる
  • 「リベラルアーツ大学」に出会い虜になる
  • 高配当投資・インデックス投資へ投資方針を大転換
  • 結果的に資産が一気に増大
  • 社会人11年目の4月に総資産2,000万円に到達

これまでの資産推移を振り返ってみると分かる通り

  • ギャンブル投資は「ギャンブル」に過ぎない
  • 大半の人は大きな損失を出し相場から退場
  • 一方、王道の投資は市場の拡大とともに緩やかながらも堅実な資産形成が出来る
  • 結果的には、王道の投資が一番確実に資産を拡大することが出来る。

私は「ギャンブル投資」からの脱却に約6年かかりました。

多くの損失を出し、「辞めておけばよかった・・・」と後悔しかありません。

しかしこの経験があったから「王道の投資」の正しさ・魅力に気付くことも出来ました。

今後も堅実な投資を続けながらFIREに向けて、確実な資産形成を行っていきます。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA