投資情報

【速報】まさかの減配!VYMに何があったのか?2021年6月の分配金速報と運用実績も公開

  • VYMの2021年6月分配金が知りたい方
  • VYMの過去の分配金推移や基本情報が知りたい方
  • VYMを保有している人の運用実績が知りたい方

こんな方に向けた記事です。

米国高配当ETFの2021年6月分配金が発表される時期となりました。

先行して発表されているHDVとSPYDの2021年6月の分配金は、

SPYDは連続増配

HDVは連続減配

と明暗がはっきりと分かれる展開となりました。

VYMは高配当ETFの中でも一番安定しているし、3月も増配しているから6月も増配でしょ?

と私も考えていました。

しかし結果はまさかの「減配」でした。

優等生のVYMに一体何があったの・・・

ということで、本記事では「VYMの2021年6月分配金」と「運用実績」について取り上げていきます。

それでは詳しい内容を見ていきましょう。

VYMの2021年6月分配金速報と分配金の推移

まずは2021年6月に公開された、3月の分配金を見ていきましょう。

VYMの2021年6月分配金速報

VYM6月
2009年0.28
2010年0.273
2011年0.335
2012年0.37
2013年0.419
2014年0.476
2015年0.56
2016年0.578
2017年0.596
2018年0.6302
2019年0.6247
2020年0.8368
2021年0.7523
-10.10%

2021年6月の分配金は

  • 0.7523ドル
  • 2020年6月対比で-10.10%

「まさかの減配」でした。

2021年3月期は「18.40%の大幅増配」だったため、

  • 2021年6月期は「減配してしまった・・・」というよりも
  • 2020年6月期が「大幅増配しすぎた」という方が正しそうです。

また、VYMの6月期の分配金を見てみると「減配」は珍しいことではなく

  • 2009年→2010年:-2.5%
  • 2018年→2019年:-0.87%
  • 2020年→2021年:-10.10%

今回が3度目の減配となります。

減配幅は大きいですが、2020年の伸びが大きすぎたことが要因ですね。。。

VYMの月別分配金推移

VYMの月別の推移を見ていきましょう。


VYM
3月6月9月12月
2009年0.310.280.2570.321
2010年0.2290.2730.2760.313
2011年0.310.3350.3070.375
2012年0.3280.370.4030.492
2013年0.3610.4190.4370.532
2014年0.4010.4760.4690.562
2015年0.4620.560.5280.599
2016年0.4780.5780.4830.667
2017年0.560.5960.6020.6431
2018年0.60840.63020.67180.7388
2019年0.65160.62470.78640.7791
2020年0.55440.83680.70530.8096
2021年0.65640.7523

グラフで見ても2020年6月期が飛び抜けて増配率が高いことがわかりますね

VYMは10年以上の運用歴があるため、分配金の推移もグラフで見ると非常にわかりやすいです。

VYMの分配金の傾向
  • 時折、対前年比マイナスの月もあるが、基本的には右肩上がり
  • 12月が一番分配金が多い傾向
  • 3月が一番分配金が少ない傾向

基本的には右肩上がりの推移を続ける「非常に優秀なETF」であることがわかります。

VYMの月別増配率

3月6月9月12月
2010年-26.13%-2.50%7.39%-2.49%
2011年35.37%22.71%11.23%19.81%
2012年5.81%10.45%31.27%31.20%
2013年10.06%13.24%8.44%8.13%
2014年11.08%13.60%7.32%5.64%
2015年15.21%17.65%12.58%6.58%
2016年3.46%3.21%-8.52%11.35%
2017年17.15%3.11%24.64%-3.58%
2018年8.64%5.74%11.59%14.88%
2019年7.10%-0.87%17.06%5.45%
2020年-14.92%33.95%-10.31%3.91%
2021年18.40%-10.10%
黄色マーカーは減配

VYMは2009年から運営しており、2010年〜2021年までの対前年比を分析してみると

  • 対前年比が求められるのは全46回
  • うち減配は9回
  • 2021年6月の減配の大きさは4番目
  • 対前年比で減配の可能性は約20%
  • 2020年は10%以上の減配を2回も記録していながら年間は増配

となります。

今回の減配は珍しいわけではなく、2020年6月の増配幅が大きすぎた反動でしょうね・・・。

VYMの年別分配金推移

続いて、年別の分配金推移を見てみましょう。

VYM前年比合計
2009年1.168
2010年-6.59%1.091
2011年21.63%1.327
2012年20.05%1.593
2013年9.79%1.749
2014年9.09%1.908
2015年12.63%2.149
2016年2.65%2.206
2017年8.84%2.4011
2018年10.33%2.6492
2019年7.27%2.8418
2020年2.26%2.9061
2021年1.26%1.4087
2021年は3月、6月の合計

2021年6月期は減配となりましたが、3月の増配が大きく、3月・6月の合計は2020年を上回っています。

  • 2020年3/6月:1.3912
  • 2021年3/6月:1.4087
  • 増配率:1.26%

年単位で見ると、リーマンショックの2010年を除き、2011年以降10年連続増配を続けていることがわかります。

2009年に1.168だった年間分配金は、2020年には2.9061と約2.5倍に成長しています。

増配率を計算してみると・・・

VYMの増配率
  • 1年:2.3%
  • 3年:8.8%
  • 5年:8.3%
  • 10年:9.3%

と、非常に安定的な増配を続けていることがわかります。

2021年6月期は残念ながら減配となりましたが、過去の推移からしても今後の増配は大いに期待できそうです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

VYMの基本情報・セクター別シェア・株価

続いて、VYMの基本情報の振り返りとセクター別のシェアを見ていきましょう。

VYMの基本情報

運営会社ヴァンガード
運用開始2006年11月
経費率0.06%
純資産額4.1兆円(37,796(百万米ドル))
分配利回り2.83%
ベンチマークFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
投資対象配当利回り平均以上の大型株
組入銘柄数411銘柄

VYMの特徴
  • 配当利回りが平均以上の大型株で構成
  • 純資産額がETFの中でもトップレベルに大きい
  • 分配利回りは2%台と低く、「高配当」とは言えない水準

VYMのセクター別のシェア

業種組入比率
金融22.60%
生活必需品12.80%
ヘルスケア12.10%
資本財10.00%
一般消費財8.30%
(2021年5月末時点)

VYMの上位3セクターは2月末→5月末で、

  • 金融:22.71%→22.60%
  • 生活必需品:14.30%→12.80%
  • ヘルスケア:13.58%→12.10%

であり、構成比は余り変わっていません。

上位3セクターで約50%を占めており、景気敏感セクターの金融が1位で22%のシェアを占めています。

一方で、生活必需品・ヘルスケアといった不況にも強いセクターが2,3位を占めており、非常にバランスの取れた構成と言えます。

バランスの取れたポートフォリオでコロナショックからの戻りも早かった

VYMのTOP10銘柄

名称数量ファンドの割合3月順位
JPM:USJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー8.36 百万1.29 十億3.571
JNJ:USジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)7.28 百万1.18 十億3.292
HD:USホーム・デポ2.96 百万958.91 百万2.67
PG:USプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)6.72 百万896.89 百万2.493
BAC:USバンク・オブ・アメリカ21.36 百万865.62 百万2.414
CMCSA:USコムキャスト12.51 百万702.43 百万1.956
XOM:USエクソンモービル11.67 百万668.02 百万1.867
VZ:USベライゾン・コミュニケーションズ11.43 百万660.47 百万1.848
INTC:USインテル11.32 百万651.03 百万1.815
T:USAT&T19.68 百万618.07 百万1.729
(出典:Bloomberg)

上位10銘柄でポートフォリオの25%を占めています。

414銘柄のうち10社でポートフォリオの1/4を占めている形となります。

3月時点と比較すると

  • 3月10位シェブロン→6月3位ホームデポに入れ替え
  • その他の銘柄は順位に変動はありつつも入れ替えはなし

となります。

セクター別シェアと同様、金融、生活必需品、ヘルスケア、情報技術の会社が上位10社の殆どを占めています。

VYMの株価

(出典:Bloomberg)

こちらはVYMの5年チャートとなります。

コロナショック時は30%程度株価は下落しましたが、

  • リスクを抑えた適切な分散
  • 他の高配当ETFよりも景気敏感セクターが少ない
  • 1番早くコロナショック前の水準を突破

と不況に強い優秀なETFですね。

2021年3月末時点では101ドルで現在は102.67ドルのため、株価は上昇しているものの一時期よりも勢いは衰えていますね。

長期間右肩上がりの株価成長を続け、分配金も10年連続増配を続けている「正真正銘の優良ETF」ということが出来ます。

私の運用実績と今後の運用方針

最後に私のVYMの運用実績と今後の運用方針について取り上げていきます。

私の運用実績

保有数量98.00
取得単価(ドル)78.55
取得単価(円)8,425
評価損益(ドル)2,363.76
評価損益(円)283,446
損益(ドル)(%)30.71%
損益(円)(%)34.33%
  • 投資額 = 保有数量98×取得単価8,425 = 825,650円
  • 評価額 = 保有数量98×現在株価11,317 = 1,109,096円
  • 評価損益 = +283,336円
  • 評価損益(%) = +34.33%

という運用実績です。

投資金額はSPYDと比べると、80万円ほどと少なめですが、評価額は100万円の大台を突破してくれています。

今後の運用方針

3月期と投資方針は変わらず、VYMは「長期保有」「VIX指数を見て購入判断」としています。

私が高配当投資に求めるものは「利回り」ですので、高配当ETFのメインは「SPYD」です。

そのため、VYMは「リスク分散目的」で保有をしています。

実際、分配金利回りは2%程度と「高配当」とは言えない水準ですが、

  • 安定的な株価成長
  • 分配金の連続成長
  • トータルリターンが高い

「安定成長」が期待できるETFであり、他の高配当ETFの弱点を補う相性の良いETFです。

次の買い時はいつ来るかはわかりませんが、買い時の指標の一つである「VIX指数」をもとに、投資判断をしていきたいと考えています。

なお、米国高配当ETFの購入タイミングなどをまとめた記事がありますので、併せてご覧ください。

まとめ:VYMは減配も優秀なETFであることに変わりない

ここまでVYMの2021年6月分配金速報と、基本情報、私の運用実績をまとめてきました。

  • 2021年6月の分配金は対前年比で-10.10%の減配
  • 2021年3月は大幅増配だったため、3月・6月の合算では2020年比増配
  • 2021年3月期と比べてセクター比・銘柄構成に大きな変化はない
  • 株価は3月と比べて上昇しているが、微増で一時期の勢いはなく安定
  • 私の運用実績も「+30%」と大きな評価益を作ることが出来ている
  • 分配利回りは2%程度と少ないが、「安定した株価成長」「連続増配」が魅力
  • 今後も株価が下落したタイミングで購入をしていく

VYMは米国高配当ETFの中でも

  • 分散が一番効いている
  • 純資産額が大きく安心
  • 運用歴が15年近くあり、歴史がある

「一番安心して保有できるETF」であると考えています。

今回は惜しくも減配となってしまいましたが、VYMへの信頼感は変わりません。

分配利回りは一番低いですが、VYMを保有している安心感があるからこそ、他の銘柄でリスクが取れると感じます。

今後は、下落時に狙って購入できるよう、相場環境はウォッチを続けていきます。

今後もVYMの増配は安定して期待できるため、分配金速報として本ブログでも取り上げていきます。

高配当投資・配当金のおすすめ記事はこちら!

【米国高配当ETF】

【日本高配当投資】

【投資戦略】

【自作ツール】

【受取配当金】

Youtubeでも発信をしていますので、興味のある方はチャンネル登録・高評価をお願いします!

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA