ライフハック

30歳250万円あれば老後は安泰!老後2,000万円問題の解決方法

  • 老後2,000万円が心配すぎてなんとかしたい
  • 老後2,000万円問題のために若いうちからしておくべきことを知りたい
  • FIREは目指していないけど老後に苦労したくない

こんな方に向けた記事です。

私のプロフィール
  • 30代前半のサラリーマン
  • FIREを目指し日々投資情報をブログ・Youtubeで発信中
  • 過去には多数のお金の失敗を経験
  • 現在は「高配当株投資」「インデックス投資」をメインに資産運用中
  • 銘柄分析を詳細に行い「罠銘柄」を排除したポートフォリオを構築しブログで全て公開中!
  • おすすめ銘柄をブログ・Youtubeで発信中!
  • 自作ツール「銘柄分析ツール」「FIRE計算表」も公開中。

老後2,000万円問題なんて言われているけど、2,000万円なんて夢のまた夢だよ・・・

もしかして死ぬまで一生働き続けないと生きていけないのかな・・・

「老後2,000万円問題」が取り沙汰されて、将来に漠然と不安を持っている方も多いと思います。

でも断言します。

正しい知識を身につければ全く恐れる必要はありません。

この問題の解決のために必要な「キーワードは」は

  • 資産運用
  • 複利の力
  • 30歳で資産250万円

の3つです。

いやいや。資産運用とか難しそうだし・・・

それに「30歳で資産250万」あったところで、2,000万円には程遠いよ・・・

それに、どうせ「毎月節約をして、我慢して生活しよう」

「毎月投資に回して資産を増やそう」とかでしょ?

老後も心配だけど、現役時代もお金が必要だから、積立投資なんて無理だよ・・・

現役生活もある程度は裕福な生活を送りたいから、節約尽くしの生活も嫌だし・・・

という方は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

老後2,000万円問題とは?

まずは簡単に「老後2,000万円問題」について解説していきます。

老後2,000万円問題とは、金融庁が発表した報告書によって「老後の30年間で約2,000万円」が不足すると発表され話題となった問題です。

ただし、この記事でお伝えしたいことは「老後2,000万円問題」自体ではなく、

「老後2,000万円問題」の乗り越え方

なので、「老後2,000万円問題」の詳細は下記参考文献をご確認下さい。

「老後2,000万円問題」の根拠

この「2,000万円」の根拠について、金融庁が試算した根拠は

  • 高齢無職の2人世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)が前提
  • この世帯の平均的な収入は月209,198円(年金等)
  • この世帯の平均的な支出は月263,717円
  • 毎月の赤字は約55,000円

となっています。

この前提が老後30年間(夫95歳、妻90歳)まで続く場合、

月55,000円×12ヶ月×30年間=1,980万円

となり、「老後30年間で約2,000万円足りなくなる」とされています。

ゆとりある老後に必要な金額は?

さらに、これはあくまでも生活に必要な基礎的な支出が前提であり、

  • ゆとりある老後生活には月36万円必要
  • 月の赤字額は15万円に拡大
  • 30年間で5,400万円不足する

とされています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

30歳で資産250万円あれば「老後2,000万円問題」は解決できる!

そうそう、これだよ!

2,000万円も貯めるなんて無理だよー・・・

という方に朗報です。

  • 資産運用
  • 複利の力
  • 30歳で資産250万円

この3つのキーワードを正しく理解すれば、「老後2,000万円問題」は何も心配する必要はなくなります。

30歳で資産250万円あれば「老後2,000万円問題」は解決

です。

でもそれって、30歳以降も毎月10万円とか積み立てて・・・

毎月節約尽くしで、全然余裕がない生活を送る必要があるんでしょ・・・

と考えている方、これは誤解です。

  • 正しい資産運用先を選定して
  • 30歳で250万円分を投資
  • 30年以上の長期運用で複利の力を最大限活用することで
  • 追加投資一切必要なく「老後2,000万円問題」

です。

追加投資が一切必要ないということは、現役時代に稼いだお金はそのまま使えるってことか!

たしかにこの主張が正しいなら、現役生活も豊かにしつつ、老後も安泰ってことになるね!

ではこちらの主張をシミュレーションをしながら解説していきましょう!

シミュレーションの前提

今回は、「老後2,000万円問題」の前提を考慮しつつ、以下の前提をもとにシミュレーションしていきます。

シミュレーションの前提

  • 30歳で投資余裕金額が250万円ある
  • 投資先はS&P500とし、年利5%とする
  • 投資余裕金額を一括投資したとする
  • FIREなどはせず、65歳まで働き続ける
  • 追加投資はしない
  • 65歳から年金受給を開始
  • 65歳以降は年金収入20万円、支出は25.5万円、月の赤字は5.5万円
  • 65歳以降は、月の赤字額は保有資産から取り崩す。
  • 老後30年間(95歳)まで資産が枯渇しなければ、成功とする

シミュレーション結果

上記シミュレーションの年齢別の資産額推移をまとめていきます。

30歳〜40歳までの資産推移

年齢総資産投資元本運用益前年比
30歳2,500,0002,500,00000
31歳2,625,0002,500,000125,000125,000
32歳2,756,2502,500,000256,250131,250
33歳2,894,0632,500,000394,063137,813
34歳3,038,7662,500,000538,766144,703
35歳3,190,7042,500,000690,704151,938
36歳3,350,2392,500,000850,239159,535
37歳3,517,7512,500,0001,017,751167,512
38歳3,693,6392,500,0001,193,639175,888
39歳3,878,3212,500,0001,378,321184,682
40歳4,072,2372,500,0001,572,237193,916
  • 30歳で総資産250万円からスタートします。
  • 31歳は、投資元本250万円×5% = 125,000が運用益となるため、総資産は2,625,000円となります。
  • 32歳からは複利効果が生まれるため、31歳の総資産2,625,000円×5% = 131,250円が運用益となります。
  • 31歳のときよりも6,250円運用益が増えていますね。
  • 運用益が投資元本にプラスされることで、少しずつ運用益が増えていきます。

これが40歳まで続くと、

  • 40歳で総資産400万円突破
  • 運用益は150万円
  • 40歳時点の年間の運用益は19万円
  • 31歳で年間12万円の運用益だった時よりも7万円近く単年運用益が増加

となります。

投資元本が250万円だったのに、10年間で150万円も増えてる!

追加投資をしていないのに!

でも40歳で400万円だと、老後2,000万円の解決にはまだまだ程遠いよ・・・

40歳〜64歳までの資産推移

このまま追加投資を一切せずに資産運用を続けていきます。

年齢総資産投資元本運用益前年比
45歳5,197,3202,500,0002,697,320247,491
50歳6,633,2442,500,0004,133,244315,869
55歳8,465,8872,500,0005,965,887403,137
60歳10,804,8562,500,0008,304,856514,517
64歳13,133,3702,500,00010,633,370625,399
  • 45歳で500万円突破
  • 60歳で1,000万円突破
  • 64歳で1,313万円
  • 複利効果により、単年運用益は加速して増加。
  • 45歳の単年運用益は24万
  • 50歳で単年運用益は31万
  • 55歳で単年運用益は40万
  • 60歳で単年運用益は51万
  • 64歳で単年運用益が62万

すごい!追加投資をしていないのに、総資産1,000万円突破してる!

投資元本250万円だったから、64歳で5.2倍に資産が成長しているね!

でも64歳で1,313万円だから、老後2,000万円問題には700万円近く足りないよ・・・

やっぱり嘘だったんだ・・・

65歳以降の資産推移

64歳時点で2,000万円溜まってはいませんが、2,000万円が即時必要となるわけではありません。

30年間で2,000万円が必要なだけなので、その間は資産を取り崩しつつも、資産運用は続きます。

年齢総資産投資元本運用益前年比
65歳13,097,0382,500,00010,597,038-36,332
70歳12,886,2462,500,00010,386,246-46,369
75歳12,617,2162,500,00010,117,216-59,180
80歳12,273,8582,500,0009,773,858-75,531
85歳11,835,6362,500,0009,335,636-96,398
90歳11,276,3412,500,0008,776,341-123,031
95歳10,562,5242,500,0008,062,524-157,023
100歳9,651,4922,500,0007,151,492-200,405
  • 65歳からは取り崩しが発生するため、初めて資産は減少していきます。
  • しかし、月5.5万円、年間66万円ずつ減少するわけではありません。
  • なぜなら、資産運用は続くためです。
  • 65歳の資産額は、(64歳の資産(1,313万円) – 66万円) * 5% + (64歳の資産(1,313万円) – 66万円)で計算されます。
  • 運用益が62.35万円に対して、取り崩し額が66万円のため、3.6万の赤字に抑えられるわけです。
  • 単年の運用益よりも取り崩し額が大きいため、総資産が減少することで、複利効果は弱まり、資産の減少スピードは早まります。
  • しかしそれでも95歳で1,056万円、100歳でも965万円の資産が残ります。

100歳でも1,000万円近い資産が余るなんて・・・

老後の30年間も資産運用は続くから、2,000万円溜まっている必要もないんだ!

資産推移をグラフで見てみると

  • 追加投資を一切していないため、投資元本は250万円から増えていない
  • 64歳が資産のピークで1,313万円
  • 65歳以降は資産の取り崩しが始まるため資産は減少に転じる
  • ただし、資産運用は続くため、減少スピードは緩やか
  • 100歳でも1,000万円近い資産が余る

このシミュレーションは様々な気づきがありますが、

  • 利回り5%でも資産は35年で5倍に成長する
  • 老後も資産運用を続けることで、2,000万円どころか、1,500万円に到達しなくても、老後は安泰
  • 追加投資を一切していないため、現役時代の生活にも余裕が生まれる

ことになります。

「老後2,000万円問題」と聞くと、現役引退時に2,000万円以上の資産がないといけないイメージが有りましたが、

老後も資産運用を続けることで資産は長持ちするため、2,000万円を持っている必要はない

ことがわかりますね。

様々なパターンで「老後2,000万円」をシミュレーションしてみる

30歳で250万円を資産運用にまわすことができれば、「老後2,000万円問題」を解決することが出来るのはわかったよ!

でも豊かな老後にも憧れるし、30歳で250万円も投資に回せるかわからないし、利回りが5%が続くかもわからないし・・・

ということで、様々なパターンでシミュレーションしてみましょう。

シミュレーションのパターン

  • パターン①:30歳で初期投資額が200万円の場合
  • パターン②:30歳で初期投資額が100万円+月1万円積立の場合
  • パターン③:豊かな老後に必要な金額に必要な初期投資額は?
  • パターン④:利回りが3%になったら?

パターン①:30歳で初期投資額が200万円の場合

初期投資額が50万円違うだけだし、さっきは100歳で1,000万円近く資産が余っていたから、このパターンも余裕なのでは?

と思うかもしれません。

しかし、結果は

  • 資産のピークは64歳の1,050万円(初期投資額250万円の場合、1,313万円)
  • 65歳時点で、単年の運用益は約50万円のため、16万円の取り崩し
  • 資産の下落幅が初期投資額250万円の時よりも大きいため、資産の下落スピードが早い
  • 結果的に94歳で資産が枯渇してしまう

惜しくも94歳で資産が枯渇してしまう結果となってしまいました。

初期投資額が50万円違うだけでも、

  • 30歳初期投資250万円:95歳で資産1,056万円
  • 30歳初期投資200万円:94歳で資産0円

と大きな差が生まれました。

初期投資額が50万円違うだけで、60年後の資産は全く変わってくるね・・・

複利の効果って恐ろしい・・・

パターン②:30歳で初期投資額が100万円+月1万円積立の場合

30歳で初期投資は100万円しか出来ないけど、毎月1万円の積立投資を64歳まで続けたらどうなるの?

月1万円と聞くと、「全然意味がないよ!」と思うかもしれませんが・・・

  • 資産のピークは100歳の2,313万円
  • 31歳から64歳まで月1万円を積み立てると408万円
  • 64歳時点で、投資元本508万円、資産総額1,546万円
  • 65歳以降も資産が伸び続ける
  • 65歳時点で、単年の運用益は74万円に対して、取り崩し額は66万円のため、資産は増える。

えー!!!65歳以降の資産の取り崩しが始まっても、資産が増え続けている!

取り崩し額(66万円)よりも、運用益のほうが大きければ、資産は増えるからだね!

  • 取り崩し額よりも、運用益のほうが大きくなれば、理論上資産は減らない
  • 66万円の運用益を得るには、年利5%とすると1,320万円必要
  • つまり、65歳66万円の取り崩し開始時点で資産が1,320万円あれば、お金は減らない

パターン③:豊かな老後に必要な金額に必要な初期投資額は?

ゆとりある老後には36万円必要で、取り崩し額は月15万円、30年間で5,400万円必要って言ってたけど、これを達成するにはどうしたら良いの?

こちらは追加投資ありパターンとなしパターンでみてみましょう。

30歳時点の初期投資のみで達成する場合

こちらは30歳で600万円の初期投資で達成可能です。

  • 30歳初期投資600万円でゆとりある老後は到達可能
  • 資産のピークは64歳の3,152万円
  • 月15万円、年間180万円の取り崩しが必要
  • 65歳時点の単年運用益は約150万円のため、年間30万円の赤字
  • その後は資産減少のペースが徐々に加速
  • 95歳で930万円、100歳で142万円の資産額となる

100歳でほぼほぼ資産が枯渇するという、非常に理想的なグラフになっていますね。

ただし

30歳で資産運用額が600万円必要

であり、実現できる人は結構限られてくる、実現が少し難しいパターンかも知れません。

30歳時点の初期投資+毎月積み立てで達成する場合

このパターンは毎月積み立て出来る金額によって、30歳時点の初期投資額も変わってきます。

月額1万円積立の場合
  • 月額の積立1万円の場合は、30歳初期投資400万円が必要
  • 資産のピークは64歳の3,122万円
  • 100歳でちょうど資産が枯渇する
月額2万円積立の場合
  • 月額の積立2万円の場合は、30歳初期投資200万円が必要
  • 資産のピークは64歳の3,057万円
  • 99歳で資産が枯渇する

月額3万円積立の場合
  • 月額の積立3万円の場合は、30歳初期投資は0円でもOK
  • 資産のピークは64歳の3,062万円
  • 99歳で資産が枯渇する

パターン④:利回りが3%になったら?

最後は利回りを変動させるパターンです。

正直S&P500で年利5%はかなり厳しく見積もっています。

なぜならS&P500の直近年平均リターンを調べてみると

  • 直近10年間の年平均リターン:13%
  • 直近30年間の年平均リターン:9%
  • 直近50年間の年平均リターン:8%

となっています。

もちろん未来は誰にもわかりませんので、さらに厳しくS&P500の年平均リターンが今後3%になった場合をシミュレーションしてみます。

今回は「平均的な老後(月赤字55,000円)」を前提に、追加投資なしパターンとあり(月3万円)のパターンでみてみましょう。

30歳時点の初期投資のみで達成する場合

  • 年利3%で追加投資なしの場合、30歳の初期投資は500万円必要
  • 資産のピークは64歳の1,365万円
  • 96歳で資産が枯渇する

30歳時点の初期投資+毎月積み立て(月額3万円積立)で達成する場合

  • 年利3%でも、月3万円の積立投資をすれば、30歳の初期投資は0円でOK
  • 資産のピークは64歳の2,078万円
  • 100歳時点でも1,700万円資産が余る

30歳から初期投資0円で投資を初めても、月3万円ずつ積立投資を行えば、老後2,000万円は全く恐れる必要がないことがわかります。

まとめ:老後2,000万円問題は恐れる必要がない!

ここまで、「老後2,000万円問題」の解決方法を様々なパターンで解説してきました。

「老後2,000万円問題」の概要

老後2,000万円問題の概要
  • 高齢無職の2人世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)が前提
  • この世帯の平均的な収入は月209,198円(年金等)
  • この世帯の平均的な支出は月263,717円
  • 毎月の赤字は約55,000円
  • この赤字が30年間続くと約2,000万円が不足する
  • さらに「豊かな老後」を送るには、月36万円の支出が必要
  • そのため「豊かな老後」には月15万円の赤字、30年間で5,400万円不足する

「老後2,000万円問題」の解決策

この「老後2,000万円問題」の解決策として、

  • 資産運用
  • 複利の力
  • 30歳で資産250万円

3つのキーワードで解説してきました。

シミュレーション結果

30歳で250万円投資に回せるお金があれば、年利5%の投資先に投資して複利効果を得ることで、「老後2,000万円問題」は解決する

64歳時点で初期投資額の5倍以上となる1,313万円になり、65歳以降は資産の取り崩しが始まるが、資産運用を続けることで100歳になっても資産は1,000万円近く残る。

最高資産額は64歳の1,313万円であり、「2,000万円」溜まっている必要はない

しかも、この間追加投資は一切不要なので、「現役時代」も豊かな生活を送れる!

初期投資額と積立額を変動させたパターン

さらに、このシミュレーション結果を様々なパターンでカスタマイズして解説していきました。

パターン初期投資額月積立額最高資産95歳時点資産
30歳初期投資250万250万01,313万(64歳)1,056万
30歳初期投資200万200万01,050万(64歳)0
30歳初期投資100万+月1万積立100万1万2,313万(100歳)2,112万

「豊かな老後」を送るためのパターン

さらに「豊かな老後」を送るために必要な資産運用プランもシミュレーションしてきました。

豊かな老後パターン初期投資額月積立額最高資産95歳時点資産
30歳初期投資のみ600万03,152万(64歳)930万
月1万積立400万1万3,122万(64歳)794万
月2万積立200万2万3,057万(64歳)659万
月3万積立03万3,062万(64歳)523万

年利3%のパターン

また、年利3%に低下した場合のパターンも検証してきました。

豊かな老後パターン初期投資額月積立額最高資産95歳時点資産
30歳初期投資のみ500万01,365万(64歳)15万
月3万積立03万2,078万(64歳)1,796万

シミュレーションの注意点

当然、これらのシミュレーションは「机上の空論」であり、注意点もあります。

  • 初期投資額だけでなく、生活防衛費も持っておく必要がある
  • 年利はあくまでも長期的に見た平均のため、◯◯ショックで50%下落もありうる
  • 老後の年金収入・支出は、あくまでも金融庁レポートの数値のため、自身の家計に合わせて計算する必要がある
  • 老後の年金や生活支出は、今後増加・減少の可能性がある
  • 医療の発達により、健康寿命が伸びて100歳以上長生きするリスクもある
  • 逆に老後に医療費が多く必要となり、老後の支出が増える可能性がある

など、様々なリスク・注意点があり、自身の状況や今後の情勢も踏まえてカスタマイズしていく必要があります。

最後に・・・

今回のシミュレーションを通して、

  • 正しい資産運用の知識を身に着け
  • 長期運用を行うことで
  • 「老後2,000万円問題」は恐れる必要がない

と解説してきました。

最近は、「FIRE」という言葉が話題となっており、

若くして資産額を増やすことこそが正義!

という価値観が正義という風潮もありますが、重要なことは、「単純に資産を増やす!」ではなく、

  • 自身のライフプランを思い描き
  • 漠然とした不安ではなく、正しい知識を身に着け
  • 必要に応じて「資産運用」という手段を使う

ということですね。

Youtubeでも発信をしていますので、興味のある方はチャンネル登録・高評価をお願いします!

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA