雑記

転職から1年!30代でSIerから大手企業の社内SEに転職して変わったことは?【転職体験談】

  • 社内SEへの転職を考えている方
  • 転職した人の体験談を知りたい方
  • SIerから転職したい方

こんな方に向けた記事です。

私は昨年の4月に初めて転職をし、丸1年が経とうとしています。

この1年は単純に「転職」だけではなく、「コロナ禍」も相まって、激動の1年でした。

本記事では、「社内SEへの転職をして1年経った感想や前職との違い、ギャップに感じること」などを記事にまとめてみます。

社内SEへの転職を考えている方や、転職者の体験談を知りたい人は是非参考にしてみてください。

私のプロフィール
  • 新卒で入社したSIerに9年間勤務
  • プログラム開発や、システム設計、プロジェクトマネジメントを経験
  • 2020年4月に大手転職エージェントの社内SEへ転職
  • 2021年3月末で転職して1年を迎える

※私が転職をした2020年は「コロナ禍」の影響が多分にあるため、転職による影響だけのみではないことを予めご理解ください。

前職と転職先企業の企業概要と仕事内容

まずは簡単に、前職と転職先の企業の企業概要と仕事内容を説明しておきます。

前職の企業概要と仕事内容

前職の企業概要
  • 独立系のSIer(システム開発会社)
  • 東証一部上場企業
  • 売上・営業利益は毎年過去最高を更新
  • 自社開発
  • 昭和文化が色濃く残る体育会系企業

前職での業務内容
  • 1〜3年目:プログラム開発やテスト
  • 4〜6年目:システム設計や要件定義など上流を担当
  • 7〜9年目:部下20名程度を持ち、組織・プロジェクトのマネジメント

転職先企業の企業概要と仕事内容

転職先企業の企業概要
  • 大手転職エージェント
  • 非上場企業
  • 従業員は前職の5倍
  • 大手企業ながらベンチャー企業のような文化
  • 人材業界のためコロナ影響等、景気に左右されやすい

転職先企業での業務内容
  • 社内SEとして基幹システムの開発・保守を担当
  • 開発・保守の実作業はベンダーにて実施
  • ベンダーの調達や上流工程、効果測定がメイン

PVアクセスランキング にほんブログ村

転職して感じた前職との違い3選

実際に転職をしてみて感じた、前職との違いについて解説していきます。

違い①:企業文化が全然違う

一番大きな違いは「企業文化」です。

前職は良く言えば「古き良き昭和の文化」、悪く言えば「体育会系の泥臭い企業」という環境でした。

前職の企業文化
  • エンジニアでもスーツにネクタイが必須
  • 真夏でもスーツにネクタイ
  • 朝はラジオ体操・持ち回りの朝の一言・スローガンの唱和
  • リモートNG
  • 上司の言うことは絶対
  • 社員は家族

一方、転職先の企業は企業規模は大きいながら「ベンチャー企業のような文化」でした。

転職先企業の企業文化
  • 私服OK、髪型自由
  • フルリモート勤務
  • 上下関係は薄く、「○○さん」呼び
  • 各々が課題に感じたことをプロジェクト化して実行

正直、「真逆の企業文化」の会社と言えます。

私としては「転職先企業の企業文化のほうが好み」のため、転職して正解だったと感じています。

しかし、前職と比べて「転職先企業の企業文化」にも欠点や課題もあります。

転職先企業の企業文化の課題
  • 個人がバラバラで動き、統率が取れていない
  • 良い意味で自由だが、裏を返せば「企業としての軸」「事業戦略」がない
  • トップダウンでの動きはなく、事業スピードが遅い

自由な企業文化である反面、事業戦略や統率が取れていないと感じることも多く、事業スピードも遅いと感じます。

事実、前職の方が売上や営業利益、営業利益率は大きく、会社の成長も早い企業でした。

違い②:年収・企業の安定感が全然違う

次に感じた違いは「年収・企業の安定感」についてです。

前職の年収・企業の安定感
  • 「平均年収が高い企業ランキング」でも毎年上位にランクインするほどの高収入
  • ある程度の年齢までは年収が毎年上昇
  • 営業利益が非常に高い
  • 自己資本比率も非常に高い
  • 外部環境に左右されず、毎年事業成長

転職先の年収・企業の安定感
  • 平均年収は低くはないが、前職から比較すると年収は100万円近くダウン
  • 年功序列ではなく実力主義
  • 人材業界のため、景気に左右されやすい
  • 特にコロナ禍で事業経営にも大きく影響

前職は日本でもトップクラスに安定した会社でしたが、勤めている際にはあまり意識することはありませんでした。

しかし、コロナ禍で日本経済にも大きな影響が出た2020年においては、「企業の安定性」の重要性に初めて気が付きました。

転職先企業はコロナ影響が非常に大きく、売上や利益は対前年比を大きく下回る状況でした。

前職で感じることはありませんでしたが、「会社がこの先どうなってしまうんだろう」という不安を転職先では感じました。

違い③:求められるスキルが全然違う

最後に感じた違いは「求められるスキルが全く違う」点です。

前職は自社開発のSIerだったため、

  • システムの企画
  • 開発
  • テスト
  • リリース
  • サポート

まで全て自分たちで実施していました。

一方、転職先の企業は「社内SE」のため、

  • 事業・業務理解
  • システムの企画
  • ベンダーの手配
  • ベンダーマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • 運用・保守

を担います。

前職では「システムの開発スキル」が求められましたが、転職先企業では「ベンダーマネジメント・コミュニケーションスキル」が一番求められます。

仕事内容が違うので当たり前ではありますが、前職とのスキルのギャップにはじめは戸惑いました。

まとめ:転職の成否は自分の考え方次第!

ここまで「社内SEへの転職から1年経った記録」を簡単にまとめてきました。

転職で感じた大きな違いは以下の3点でした。

  • 企業文化が全く違う
  • 年収・企業の安定性が全く違う
  • 求められるスキルが全く違う

転職から1年経過しましたが、私自身は「転職してよかった!」と感じています。

もちろん、後悔もありますし、前職の方が良かった点もたくさんあります。

しかし1つだけ確実に言えることは「転職をしなければわからないことを知ることが出来た」点です。

1つの会社に留まっていたら、外の世界を知ることはありませんでした。

会社の特徴や強み、弱み、自分の特徴など、転職活動をしなければわからないことが非常に多く、この経験は自分の人生の大きな財産になっていると感じています。

もしも転職に迷っている人がいらっしゃいましたら、Twitterやお問い合わせでぜひご連絡ください。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA