成長株

隠れ優良企業!コロナ禍でも10年以上連続して増収・増益を続ける小型株【厳選3選】

  • 長期間に渡って業績が成長している企業を知りたい
  • 小型株で安定して業績成長している企業を知りたい
  • 2021年のコロナ禍でも増収増益を続けている企業を知りたい

こんな方に向けた記事です

株式投資をする上で最も重要なことは「事業成長」ですよね。

事業成長することで

  • 社会に付加価値を提供し、
  • 利益を生み出し
  • 株価が上昇し
  • 配当によって株主にも還元される

配当の原資となるのも、株価成長の材料になるのも「事業成長」あってのことです。

さらに時価総額が小さい企業ほど、まだ注目されておらず株価上昇も期待できます。

そこで本記事では「コロナ禍でも10年以上増収増益を続ける小型株特集」として厳選して3銘柄をご紹介します。

銘柄選定基準・・・

  1. 10年連続売上成長中
  2. 10年連続営業利益成長中
  3. 2021年度の決算予想が発表されており、「売上」「営業利益」ともに成長が予想されている
  4. 時価総額1,000億円未満の小型株

※株価・企業情報は2021年2月19日時点の情報となります。

コロナ禍でも10年以上連続して増収増益予想の小型株【厳選3選】

厳選した3銘柄は以下の企業です。

コード銘柄名業種配当利回りPERPBR時価総額
9799旭情報サービス情報・通信業3.23%11.251.07100億
4327日本エス・エイチ・エルサービス業3.03%15.613.01153億
3085アークランドサービスホールディングス小売業1.13%24.183.24703億

時価総額も小さく、あまり名前を聞いたことがない企業かもしれませんが、

  1. 過去10年以上増収・増益の安定成長
  2. コロナ禍でも成長予想の外部環境に左右されない強い事業基盤
  3. 時価総額も小さく、株価上昇も期待できる

という、「隠れ優良企業」と言える存在です。

それでは、各企業の詳細な分析に移っていきましょう。

9799 旭情報サービス

旭情報サービスは、独立系のシステム開発・運用を行っている会社です。

IT企業の中では老舗の企業で、会社設は1962年と60年近い歴史を持っている会社です。

長い歴史の中で培った多種多様な経験・ノウハウを活かし、今も成長を続けている企業です。

基本情報

コード9799
企業名旭情報サービス
市場市場第二部(内国株)
業種情報・通信業
連続増配年数4
連続非減配年数10
5年平均増配率5%
5年平均売上成長率5%
5年平均営業利益成長率12%
10年平均増配率3%
10年平均売上成長率4%
10年平均営業利益成長率14%
PER11.25倍
PBR1.07倍
配当利回り3.23%
自己資本比率78%
現在株価1,207
時価総額9,976百万
単元株100
最低購入金額120,700円

株主優待制度も設けている企業で、「3月31日時点で1000株以上保有」していると「5,000円分のカタログギフト」がもらえるようです。

業績の推移

毎年数%程度の小さいながらも確実な成長を続けています。

過去10年間で

  • 売上:1.4倍
  • 営業利益:3.8倍
  • 営業利益率:2% → 12%

と、特に営業利益の大きな改善を続けています。

コロナ禍でもしっかりと成長を続け

  • 増収
  • 増益
  • 利益率改善

が予想されています。

配当の推移

配当性向は30〜40%台と株主還元にも積極的な姿勢が現れています。

2021年2月時点の配当利回りは「3.17%」と高い利回りを誇っています。

売上・営業利益だけでなく、EPSも10年以上連続して増加をしており、

  • 2010年:14.82
  • 2021年:107.3

7.5倍に成長しています。

財務状況

財務状況も非常に安定感があり、自己資本比率は80%近くを10年以上継続しています。

60年近い歴史ある会社でありながら、事業成長・財務健全性を続けている非常に優秀な企業といえます。

株価の推移

(出典:株探)

上記は1996年以降の月足チャートとなります。

過去最高益を毎年更新していますが、株価はバブル期につけた過去最高値を未だ超えられていません。

  • 10年以上続く安定成長
  • コロナ禍でも業績成長できる外部環境に左右されない強い事業基盤
  • 60年近い歴史ある安心と実績

が特徴の同社であれば、今後の事業成長に伴い、株価もしっかりと上昇してくることが想定できます。

4327 日本エス・エイチ・エル

日本エス・エイチ・エルは、企業向けの適性検査サービスを提供している企業です。

  • 「マークシート」「オンライン」「テストセンター」などの様々なテスト手法
  • 「性格診断」「モチベーション」「知的能力」など、様々なテスト項目

にあらゆる適性検査に対応できることに強みがあります。

さらに、人材コンサルタント事業も手掛けており、人材採用の要件定義・組織開発・採用支援・マネジメント教育などにも対応しています。

非常に高い収益性を誇る会社であり、営業利益率は40%以上を常にキープしています。

基本情報

コード4327
企業名日本エス・エイチ・エル
市場JASDAQ(スタンダード・内国株)
業種サービス業
連続増配年数10
連続非減配年数10
5年平均増配率14%
5年平均売上成長率5%
5年平均営業利益成長率8%
10年平均増配率11%
10年平均売上成長率6%
10年平均営業利益成長率8%
PER15.61倍
PBR3.01倍
配当利回り3.03%
自己資本比率86%
現在株価2,505
時価総額15,384百万
単元株100
最低購入金額250,500円

10年以上連続した増収・増益企業でありながら、株主還元にも非常に積極的な企業として有名です。

連続増配年数は10年になります。

業績の推移

売上高は30億円程度とあまり大きくありませんが、営業利益率の高さが同社の最大の特徴です。

営業利益率は40%を10年以上継続しており、日本でも有数の高収益企業です。

高い収益性を保ちながらも、成長を続けており、過去10年間で

  • 売上:1.7倍
  • 営業利益:2.2倍

となっています。

2020年・2021年と顧客である企業の採用・事業環境が厳しいながらも、増収・増益をキープできていることも非常にポイントが高いです。

配当の推移

安定した事業成長・高い収益性を誇る日本エス・エイチ・エルですが、「株主還元」にも非常に積極的です。

10年連続増配をしており、配当金は10年間で2.8倍に増配しています。

2020年は特別配当金が20円出ているため、特別配当金を除くと76円となります。

2021年予想も76円と据え置きの予想となりますが、1Qの決算も好調だったため、増配が発表される可能性もあります。

参考:日本SHL、10-12月期(1Q)経常は33%増益で着地

財務状況

財務基盤も全く問題がありません。

  • 営業CF毎年黒字
  • 黒字学も右肩上がり
  • 自己資本比率も約85%を10年以上キープ

本当に非の打ち所がない、きれいな財務体質です。

株価の推移

(出典:株探)

株価は現在上場来高値を更新中です。

2017年9月につけた2,605円をずっと超えられずにいましたが、コロナショック後の株高の流れを受けて、一気に上昇し、過去最高値を更新しています。

しかし、株価に過熱感はなく

  • PER:15.7倍
  • PBR:3.03倍

とむしろようやく業績と株価が一致しだした感があります。

10年以上連続して増収・増益を続け、コロナ禍でも成長スピードを落とすことなく事業運営ができていることを考えると、今後もさらなる成長・株価上昇が期待できます。

3085 アークランドサービスホールディングス

アークランドサービスホールディングスは外食チェーンを展開している企業です。

展開しているブランドは

  • カツ丼専門店の「かつや」
  • タイ料理の「mango tree」
  • 東京とろろそば

など数多くの飲食チェーンを展開しています。

(出典:アークランドサービスホールディングス社HP)

基本情報

コード3085
企業名アークランドサービスホールディングス
市場市場第一部(内国株)
業種小売業
連続増配年数0
連続非減配年数10
5年平均増配率19%
5年平均売上成長率13%
5年平均営業利益成長率6%
10年平均増配率22%
10年平均売上成長率15%
10年平均営業利益成長率9%
PER24.18倍
PBR3.24倍
配当利回り1.13%
自己資本比率64%
現在株価2,127
時価総額70,395百万
単元株100
最低購入金額212,700円

株主優待制度も提供しており同社のが展開する飲食チェーンのお食事券がもらえるようです。

  • 対象株主:6月末/12月末時点で100株以上保有している株主
  • 優待内容:100株以上 1,100円分/200株以上 2,200円分/1,000株以上 11,000円分のお食事券
(出典:アークランドサービスホールディングス社HP)

業績の推移

過去10年間は非常に高い成長を続けており、10年間で

  • 売上:4倍
  • 営業利益:2.4倍

に成長しています。

12月決算で、2020年度もコロナ影響が大きかったですが、それでもしっかりと増収増益をキープしています。

コロナ影響で外食産業は非常に大きなダメージを受けましたが、SNSやテレビCMを通じた販促活動により、成長を遂げることができました。

参考:ALサービス、今期経常は3%増で19期連続最高益更新へ

配当の推移

株主還元にも非常に積極的であり、2019年まで10年連続増配をしていました。

2020年は配当は据え置きだったものの、配当性向は30%台とまだまだ余裕のある水準です。

2021年も配当は据え置き予想ですが、現状の業績見通しであれば、増配もしっかりと期待ができると思われます。

財務状況

財務状況についても、毎年安定しており、問題ありません。

  • 営業CFは10年以上黒字をキープ
  • 黒字学は右肩上がりで拡大傾向
  • 自己資本比率も60%以上を10年以上キープ

株価の推移

(出典:株探

株価は2008年の上場以来、2017年まで一貫した上昇を続けており

  • 2008年:54円
  • 2017年:2812円

と、約50倍に成長しています。

しかし、その後は業績面は過去最高益を更新していますが、株価は2017年12月の上場来高値を更新できていません。

  • PER:24.2倍
  • PBR:3.25倍

と割安とまでは言えませんが、10年以上連続した事業成長を続けている同社であれば、今後の業績拡大・株価成長も大いに期待できます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コロナ禍でも安定した成長を続けられる企業は少ない

ここまで、「コロナ禍でも10年以上連続して増収増益を続けている小型株」を3社紹介してきました。

  • 9799 旭情報サービス
  • 4327 日本エス・エイチ・エル
  • 3085 アークランドサービスホールディングス

10年以上連続して増収・増益を続けられる企業も数少ないですが、「コロナ禍」等の外部環境により連続成長がストップしてしまう企業がほとんどです。

そんな中で、外部環境に左右されず、増収・増益を続けられる企業はほんの僅か一握りです。

こうした企業に投資をしておけば、

  • 長期保有することで株価成長の確率も上がる
  • 外部環境が大きく変わった場合でも安心して投資し続けられる
  • 株主還元にも積極的でインカムゲインも増やすことができる

と、インカムゲイン・キャピタルゲインを両立することができます。

今後もこのブログでは、今回のような「隠れ優良企業」なども発信していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA