成長株

業績絶好調で高配当!連続最高益&高配当のおすすめ優良銘柄【厳選7社】

  • 業績好調かつ高配当の銘柄を知りたい
  • 安定して配当を受け取れる企業に投資したい
  • 配当も受け取りながら株価上昇も期待できる銘柄を知りたい

こんな悩みを抱えた方に向けた記事です。

高配当銘柄はただ利回りだけを見て投資してはいけません。

配当の原資となる利益をしっかりと稼ぎつつ、株主還元にも積極的な企業を見つける必要があります。

本記事では

  • 連続して過去最高益を更新
  • 株主還元に積極的な高配当

を満たす企業を厳選して7社紹介いたします。

これらを両立できている企業は決して多くありません。

  • 最高益を更新する成長企業⇨株主還元ではなく事業投資を優先する
  • 高配当化している⇨これ以上事業成長が見込めないため株主還元に回す

と、成長企業&株主還元にも積極的な企業は非常に珍しい存在です。

このような企業に投資をしていれば、

  • 積極的な株主還元による高配当
  • 事業成長による株価上昇

インカムゲイン&キャピタルゲインを期待できます。

銘柄選定基準
  1. 経常利益が5年以上連続して過去最高を更新
  2. 配当利回り3%以上
  3. 時価総額10億円以上

※2021/2/12時点の情報となります。

※記事内で使用しているグラフはIRBANKの各企業の情報を使用しております。

5期以上連続最高益&利回り3%以上の企業は7社

5期以上連続最高益&利回り3%以上の企業はこの7社です。

コード企業名最高益連続期数利回り
6402兼松エンジニアリング104.38%
3465ケイアイスター不動産63.84%
8096兼松エレクトロニクス103.56%
9436沖縄セルラー63.20%
3003ヒューリック103.16%
9639三協フロンテア53.12%
7198アルヒ53.11%

この7社は配当利回りが5%を超えるような「超高配当」企業ではありません。

配当利回り5%を超えるような企業は、

  • 成長が見込めず株価が下落している
  • 配当性向が高すぎて減配リスクがある
  • 記念配当等の一時的な高配当に過ぎない

安心して投資できる銘柄が少ないのが実態です。

一方で、この7社は、

  • 事業でしっかりと稼ぎ
  • 成長できる分野に事業投資も行ない
  • 株主還元にも積極的
  • 業績好調で株価上昇も期待できる

という超優良銘柄です。

それでは個別に銘柄ごとの分析結果を解説していきます。

6402 兼松エンジニアリング

兼松エンジニアリングは、環境整備用の特殊車両を製造しているメーカーです。

※なお、後述する「兼松エレクトロニクス」との資本関係はありません。

産業廃棄物業者向けの強力吸引作業車・高圧洗浄車で国内首位を誇っています。

  • 環境美化
  • リサイクル
  • 災害対策

といった社会的なニーズを背景に業績を拡大させてきました。

リーマンショック直後の2009年〜2010年は大きく業績を落とし、一時赤字に転落しました。

しかし、その後は順調に業績を回復させ、10年連続で経常利益が過去最高となる見込みです。

外部環境に左右されない、堅実な経営体制へと切り替えていることがわかります。

自己資本比率も50%以上を継続しており、財務体質も健全です。

  • 配当金は右肩上がりの増配傾向
  • 配当性向も安定しており、過熱感はなし
  • 2021年は記念配当により43円⇨63円に増配

株主還元にも非常に積極的です。

3465 ケイアイスター不動産

首都圏で注文住宅や分譲住宅などの不動産事業をしている会社です。

この企業はとにかく売り上げ成長が著しく、10年間で約8倍に成長しています。

売上だけでなく、営業利益も順調に伸ばしており、増収増益を続けている企業です。

特に2021年は営業利益83%増益と非常業績好調な企業です。

ただし配当金に関しては、波があるので注意が必要です。

2021年は大幅な増配を発表しており、

2020年の76円⇨2021年は139円

と83%増配と凄まじい伸び方です。

8096 兼松エレクトロニクス

兼松エレクトロニクスは、商社の兼松グループの電子機器事業を担う会社です。

ITインフラの構築・保守・運用が主力で、電子機器のリースも行っています。

2021年はコロナ影響で売上高は下落予想も、経常利益はなんとかプラス成長を維持しています。

営業利益率も15%以上を維持しており、非常に高収益企業でもあります。

自己資本比率も70%近くを10年以上継続しており、財務体質も極めて健全な企業です。

株主還元にも非常に積極的な姿勢が表れており、

  • 9年連続増配(2021年は配当維持の予想)
  • 配当は9年間で約3倍に成長
  • 配当性向も50%程度を維持しており安定

と非常に安定感があります。

9436 沖縄セルラー

沖縄せるラーはKDDIの出資で作られた携帯サービスの会社で、沖縄県内でトップのシェアを誇っています。

爆発的な成長こそありませんが、毎年着実に事業成長をしています。

また営業利益率も毎年20%程度と、高水準で安定しています。

こういった安定感のある企業の方が、高配当投資にとっては予想がしやすくありがたいです。

キャッシュローも非常に健全で、

  • 営業CFはプラス
  • 投資・財務はマイナス
  • フリーCFはプラス

と、お手本と言っていいくらいに綺麗です。

配当金の推移も素晴らしく

  • 19期連続増配(2021年も9円増配の154円予想)
  • 増配開始時はわずか4.4円
  • 増配開始時から計算すると、35倍に成長
  • 配当性向も30%台と過熱感はなく安定

と、こちらもお手本と言っていいくらいに綺麗です。

3003 ヒューリック

ヒューリックは不動産投資会社で、都心の駅近に多くのオフィスビルや賃貸マンションを所有しています。

リーマンショック直後の2009年〜2011年は非常に苦しみましたが、その後は事業を急拡大させています。

2021年はコロナ影響で減収となりましたが、営業・経常利益はプラス成長を維持しており、連続最高益を更新しています。

営業利益率が非常に高く、25%〜30%近い高水準で安定しています。

リーマンショック直後は業績の低迷に合わせて減配もしていますが、その後は毎年増配を実施しています。

  • リーマンショック後は減配
  • その後は9年連続増配(2021年も2円の増配予想)
  • 配当性向も30%台と過熱感もなく安定

と安心感があります。。

リーマンショックと言った大きな経済危機の際に減配したという点は注意が必要です。

ただし、「コロナ禍においては増益・増配」とリーマンショック時の反省を生かして事業運営ができている点は好材料です。

9639 三協フロンテア

三協フロンテアは、仮設ユニットハウスの販売・レンタルを事業としている会社で、国内首位級の企業です。

  • 建設現場向けの仮設事務所
  • トランクルーム
  • レンタルスペース
  • 立体駐車装置

など、「空間」を売りにしている会社です。

2011年以降に事業を急拡大で成長させ、

  • 150億⇨450億と売り上げは3倍に成長
  • 5億⇨75億と営業利益は15倍に成長

驚異的な成長を続けている会社です。

コロナ影響で2021年は成長率は数%になる予想ではありますが、しっかりと増収増益が見込めるのは好材料です。

営業利益率も15%台と高収益体質といえます。

自己資本比率も50%台を安定して継続しており、財務体質も安定しています。

※2018年も100円と増配しています。

配当も安定しており

  • 2011年と比べて配当は6倍
  • 2016年から5年連続増配
  • ただし、2021年は据え置き予想

となっています。

配当性向は10%台と「そこまで株主還元姿勢は高くない」ともいえます。

これは株主還元よりも、さらなる事業投資による成長を狙っているためです。

「高配当株」というよりは、「成長株」と言えるでしょう。

7198 アルヒ

アルヒは、国内最大手の住宅ローン専門金融機関です。

全機関固定金利の住宅ローンである「フラット35」の取扱で10年連続シェアNo1を誇っている企業です。

(出典:株探)

連続で最高益を更新してきており、コロナ禍の2021年も増収増益を予想しています。

2016年以降のデータしかないため、傾向は読みづらいですが、配当性向は30%台と低くはありません。

2021年は配当を据え置きしていることもあり、今後の動向には注意が必要です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

連続最高益&高配当は非常に珍しい

ここまで、5期以上連続で最高益を更新&配当利回り3%以上の企業を紹介してきました。

おすすめ企業7社
  1. 6072 兼松エンジニアリング
  2. 3465 ケイアイスター不動産
  3. 8096 兼松エレクトロニクス
  4. 9436 沖縄セルラー
  5. 3003 ヒューリック
  6. 9639 三協フロンテア
  7. 7198 アルヒ

これらの7社は「業績好調」「高配当」な非常に珍しい会社です。

  • 事業でしっかりと利益を出し
  • 事業成長のために投資も行い
  • 株主にも還元する

という、投資家にとって非常に安心できる企業です。

こう言った銘柄に投資をしておけば

  • 配当金によるインカムゲイン
  • 株価成長によるキャピタルゲイン

を両方狙える可能性があります。

ぜひ、今回紹介した7社に注目してみてください。

また、本ブログでは「おすすめ優良高配当企業」を厳選してお伝えしています。

今後も参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA