投資情報

配当金生活には1,000万円だけあれば良い!増配率を加味した配当金シミュレーション【米国高配当ETF】

  • 配当金生活を夢見ている方
  • 出来るだけ少ない資金で配当金生活を実現したい方
  • 「増配率」を加味した配当金が気になる方

こんな方に向けた記事です。

配当金生活って夢があるけど、いくら資金が必要なんだろう・・・?

アイコン名を入力

利回り4%で考えても、1億円くらいないと配当金生活なんて無理だよ・・・。

「夢の配当金生活!」を目指している方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、「でも1億円とか必要なのでは?」と諦めている方もいるのではないでしょうか?

実は「1,000万円」あれば、「夢の配当金生活!」を実現できる方法が存在します!

そのためには、

  • 増配率
  • 複利の力

がキーワードとなってきます。

そこで本記事では「増配率を加味した配当金シミュレーション」をご紹介します。

本記事を読めばわかること
  • 増配率の重要性を知ることが出来ます!
  • 自身の投資方針・必要な資産額を見直すきっかけになります
  • 1,000万円で「夢の配当金生活!」を実現できるプランを知ることが出来ます。

増配率が魅力的な米国高配当ETF

まずはシミュレーションに使用する、米国高配当ETFのご紹介をします。

HDVSPYDVYMVIG
1年11.19%-6.54%2.26%7.62%
3年6.56%4.70%6.57%6.17%
5年4.38%6.22%4.77%
10年10.29%8.16%
トータル6.89%1.90%8.64%8.06%
米国高配当・増配ETFの増配率

こちらが、主要な米国高配当・増配ETFの増配率を表した表となります。

「連続増配」がコンセプトのVIGは、どの期間で区切っても、安定した増配率を誇っていることが魅力です。

一方、「配当利回りが平均以上の大型株」で構成されている、VYMは

  • コロナ禍の直近1年は2%程度の増配率
  • ただし、10年で10%以上の増配率
  • トータルでも8.64と「連続増配」がコンセプトのVIGよりも増配率が高い

VIGと比較しても遜色ない非常に優秀な増配率となっています。

増配率についての解説

ここで簡単に増配率について解説しておきます。

増配率とは・・・

対前年比で配当金がどれだけ増配されたかを示す指標です。

例えば増配率が10%の場合の配当金は・・・

1年目:1円

2年目:1.1円

3年目:1.21円

・・・

と徐々に増えていくことになります。

単純に2〜3年の推移を見ても、これだけだと

確かに増えてはいるけど、すごく地味な推移だし、あまり重要とは思えないけど・・・。

と感じてしまう人もいると思います。

そこで、「増配率10%が30年間続いた場合」をシミュレーションしてみます。

経過年数配当金(初年度を1とした場合)
現在1.00
5年目1.61
10年目2.59
15年目4.18
20年目6.73
25年目10.83
30年目17.45

初年度の配当金を1とした場合、

  • 5年目で1.61倍
  • 10年目で2.59倍

と増えてはいるものの、少し物足りない感じまします。

しかし、「福利の力」が効いてくるので、年を経るごとに上昇幅は大きくなってきます。

  • 20年目で6.73倍
  • 25年目で10.83倍
  • 30年目で17.45倍

30年で17倍以上に成長することになるのです。

17倍にも成長するなんて、増配率は侮れないね・・・

PVアクセスランキング にほんブログ村

VYMを使った増配シミュレーション

それでは、実際に米国高配当ETFの過去の増配率を使用した配当金シミュレーションをしていきます。

今回シミュレーションに使用するETFは「VYM」とします。

VYMの増配率は3〜10%と区切る期間によって差があるため、「3%」「5%」「8%」「10%」でシミュレーションしてみます。

配当金にかかる税率は米国現地税を考慮して「28%」で計算します。

またシミュレーションのパターンとして大きく2つ用意してみました。

  • パターン①:増配のみ(再投資なし)
  • パターン②:増配+配当金再投資
シミュレーションの前提
  • 採用するETFはVYM
  • 投資元本1,000万円/利回り3%を開始とする
  • 増配率は3%/5%/8%/10%で計算
  • 受取配当金の税率は米国現地税を加味した28%で計算
  • 増配のみのパターン、配当金再投資のパターンで検証

VYMの基本情報
  • 分配利回りは3%程度
  • 増配率は3〜10%
  • 暴落にも強く、株価成長も期待できる
  • トータルリターンも10年間で10%以上
平均増配率VYM
1年2.26%
3年6.57%
5年6.22%
10年10.29%
トータル8.64%

VYMの詳しい解説は下記記事を参照してみてください。

パターン①:増配のみ(配当金再投資はなし)

まずは、単純に増配のみで配当金再投資はしないパターンです。

増配のみ3%5%8%10%
現在216,000216,000216,000216,000
5年後250,403275,677317,375347,870
10年後290,286351,841466,328560,248
15年後336,521449,048685,189902,286
20年後390,120573,1121,006,7671,453,140
25年後452,256731,4531,479,2712,340,296
30年後524,289933,5402,173,5343,769,071
赤マーカーは年間240万(月20万)の配当金

初年度は利回り3%に対して、税率28%を引いた「216,000円」を受取配当金として得ることが出来ます。

5年目くらいまでは増配率3%と10%の間の差は、10万円程度と大きくありません。

この段階ではまだ増配率の恩恵を感じにくい時期ですね。

しかし、年を経るごとに大きな差が出てきます。

増配率8%であれば

  • 20年後:年間配当金は100万円
  • 30年後:年間配当金は200万円

となり「夢の配当金生活!」も見えてきます。

さらに増配率10%であれば

  • 20年後:年間配当金は143万円
  • 30年後:年間配当金は376万円

と30年経つ頃には「夢の配当金生活!」も多くの人が達成できる金額になっています。

しかも、このパターンのシミュレーションは「配当金再投資はしない」ため、配当金をその時点の生活費に充てることが出来ます。

毎年の生活を豊かにしながら、長期保有して年間配当金も増えていく夢のような生活が実現できます。

パターン②:増配+配当金再投資

続いて、配当金再投資をするパターンです。

配当金再投資3%5%8%10%
現在216,000216,000216,000216,000
5年後280,466310,187359,677396,216
10年後370,721459,974634,464785,585
15年後500,210710,4041,216,6541,761,004
20年後691,1541,155,0802,631,0374,780,572
25年後981,5132,003,9796,753,92717,405,081
30年後1,438,5653,772,30922,076,60298,279,420
赤マーカーは年間240万(月20万)の配当金

こちらも5年目まではそこまで大きな差はなく、パターン①と比べてももらえる配当金に大差ありません。

しかし、その後の伸びが大きく違います。

増配率3%の場合
  • 10年目:37万
  • 20年目:69万
  • 30年目:143万
増配率5%の場合
  • 10年目:45万
  • 20年目:115万
  • 30年目:377万
増配率8%の場合
  • 10年目:63万
  • 20年目:263万
  • 30年目:2,207万
増配率10%の場合
  • 10年目:78万
  • 20年目:478万
  • 30年目:9,827万

パターン①と異なり、20年程度で月20万/年間240万の受取配当金を実現できる水準になります。

そして、驚愕なのが、増配率8〜10%で30年間運用した場合、

  • 増配率8%:2,207万
  • 増配率10%:9,827万

の配当金が年間で受け取れることになります。

1年間で1億円近いお金が不労所得で入ってくるなんて信じられない・・・。

この水準までくれば、「夢の配当金生活!」を通り越して、「お金をどう使うか困ってしまう」水準と言えます。

まとめ:増配率+配当金再投資で少額でも夢の配当金生活は実現できる!

ここまで、増配率を加味したい配当金のシミュレーションを行ってきました。

表を再掲しておきます。

増配のみ3%5%8%10%
現在216,000216,000216,000216,000
5年後250,403275,677317,375347,870
10年後290,286351,841466,328560,248
15年後336,521449,048685,189902,286
20年後390,120573,1121,006,7671,453,140
25年後452,256731,4531,479,2712,340,296
30年後524,289933,5402,173,5343,769,071
赤マーカーは年間240万(月20万)の配当金
配当金再投資3%5%8%10%
現在216,000216,000216,000216,000
5年後280,466310,187359,677396,216
10年後370,721459,974634,464785,585
15年後500,210710,4041,216,6541,761,004
20年後691,1541,155,0802,631,0374,780,572
25年後981,5132,003,9796,753,92717,405,081
30年後1,438,5653,772,30922,076,60298,279,420
赤マーカーは年間240万(月20万)の配当金

もちろん、こちらの試算は「あくまでもシミュレーション」であり、机上の空論ではあります。

しかし、過去のVYMの増配率を見ると、事実として過去10年平均10%の増配率を記録しています。

今後も同じ割合で増配を続けていくかはわかりませんが、過去の実績は大きな根拠となります。

今回のシミュレーションで「増配率+配当金再投資の複利の力」を実感した方も多いと思います。

投資元本1,000万円を増配率の高い投資先に入れ、20年〜30年保有・配当金再投資を続ければ、配当金生活も夢ではないことが理解できたかと思います。

ぜひ、今回のシミュレーションを参考にしてみてください。

高配当投資・配当金のおすすめ記事はこちら!

【米国高配当ETF】

【日本高配当投資】

【投資戦略】

【自作ツール】

【受取配当金】

Youtubeでも発信をしていますので、興味のある方はチャンネル登録・高評価をお願いします!

ABOUT ME
FIREを目指すモノ
30代のポンコツ社内SE。 総資産1700万円を突破! ポートフォリオや家計収支を全て公開しています。 20代の頃はギャンブル投資で数百万円を失うも、現在は高配当・インデックス投資を学び、資産拡大中。 大手SIer→人材業界の社内SEへの転職経験があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA